2016年10月31日

1973 NORTON COMMANDO 850 Mk1A


皆さん、最近では状態の良いコマンドも少なくなって来ました。このインターステイト・・・如何でしょうか?エンジン快調!車体も万全!走りも素晴らしい!早い者勝ちです・・・


走りだすと心が大らかになり雄大な感じになります。次にスロットルを開けると「ズッバッバッバッバッバッ・・・」めっちゃ走ります!ブレーキングを「シュ―・・・」 再びスロットル開けると「ズッバッバッバッバッバッ・・・」 カイカンです。


サイレンサーからのサウンドは良いんです。「ズンッズンッズンッズンッズンッ・・・ズッバッバッバッバッバッ!・・・」 750よりも更に迫力のサウンドです。
 

約24リットル入るペトロールタンクは長距離ツーリングで威力発揮!ロードスターのように何時もガソリンの事を気にしなくても大丈夫!安心です。

今回の850は以前から布引クラシックスでメンテナンスする上質な車両です。安心できる車体をこの機会に是非ご検討ください・・・

1973 NORTON COMMANDO 850 Interstate Mk1A 価格 問合せ下さい

電話079-557-1203
携帯090-8466-9959
メール info@nunobikiclassics.com
担当 マツエダ まで
  

Posted by nunobiki_classics at 14:21Comments(5)販売車両英国車

2016年04月20日

1971 NORTON COMMANDO 750 Roadster MkⅡ


以前に紹介した1971年のコマンドのフルレストア車。私が2014年の8月に完成させたモノ。オーナーH氏が諸事情により泣く泣く手放される事になりました。人の人生にはいろいろな佳境が待っていて、それはそれは仕方のない事・・・私も非常に残念です・・・そして今回販売させて頂く事になりました。   


エンジンは全てに於いて細心の注意を払い組み上げています。素晴らしいコンディションである事は言うまでもありません。


キャブレターはコンセントリックタイプを踏襲するものの、その調整は松枝のノウハウがみっちり詰まっています。また、この車体には高価なノーヴィルパーツを密かに組み込み済み。このベロシティースタックも美しいですね。


車体は塗装から仕上まで全て完璧。アイソラスティックの調節も絶妙です。更に、大切な電装系統も全て刷新。遠くの山々へひとり旅立つ時にも何の不安もありません・・・


現在、お住まいの東京都より引揚げ、当店の事務所に展示中。フルレストア作業後からの走行距離は、私が走った試運転の451kmを含めてたったの745km。如何でしょうか超高品質なコマンドを手に入れる滅多にないチャンスです。是非ご検討ください。

過去のレストア作業はコチラ

車体価格・・・SOLD 岐阜県 Y様 ご成約ありがとうございました!


  

Posted by nunobiki_classics at 17:18Comments(0)販売車両英国車

2015年11月09日

1970 NORTON COMMANDO S



1970 NORTON COMMANDO S
コマンドを求めて行くと必ず突き当たるのがこの “S” モデルだ。私も所有するこの年代のコマンドは旧式で、ドミ系の痕跡を強く残す。古いモノが新しい時代に変貌するその狭間のモデル故に奇妙な箇所が有って一般的には理解し難い。「何となく変だよなぁー・・・?」けれど、それでいい。すると何年も所有しているうちに「イカシテるよなぁ!・・・カッコ良いよなぁ!」 モノを愛するとはこういう事なんだ・・・

売約済み
神戸市 М様 ご成約ありがとうございました。  

Posted by nunobiki_classics at 15:58Comments(0)販売車両英国車

2015年11月09日

1964 TRIUMPH T120R Bonnevill

1964 TRIUMPH T120R Bonnevill



1963年に始まるユニットモデル。その2シーズン目に発売されたこのボンネヴィル。ゴールドカラーが美しい人気の高いモデルだ。但し、生産台数の少なさから今となっては入手も難しい。クロスバッヂがキラリと光る希少性の高いT120Rは、必ず貴方を魅了するに違いない。

売約済み
兵庫県姫路市 I様 ご成約ありがとうございました。  

Posted by nunobiki_classics at 15:25Comments(0)販売車両英国車

2015年11月02日

1975 NORTON COMMANDO 850 MkⅢ Roadster


1973年に発売されたコマンドの850。その力強さから来る独特の鼓動感がたまらない魅力。
750よりも明らかに一歩抜きん出た出力性能は何処に行くにも力強い安心感へと繋がるんですよ。


1975年にシフトチェンジペダルは右から左へ、シフトパターンも下から1-N-2-3-4に。
更にセルモーターを装備したモノがこの850MkⅢなんです。


布引クラシックスではこの850MkⅢを現在フルレストア中です。写真は単体のメインフレーム。各部を念入りに調べ間違いのない車両作りを徹底致します。


エンジンも全て分解の上、丁寧に組み立てる。仕上がりが違います。勿論の事、電装系統から様々な作業を加えます。

程度の良いマークⅢを手に入れる絶好のチャンスです。是非お問い合わせください!

1975 NORTON COMMANDO 850 MkⅢ フルレストア車両(ブルジョア倶楽部コース、コチラ

          只今早期予約受付中!

問合せは
079-557-1203
090-8466-9959
info@nunobikiclassics.com
担当 マツエダまでお気軽に!。  

Posted by nunobiki_classics at 15:59Comments(0)販売車両英国車

2015年11月02日

1966 TRIUMPH 6TA THUNDERBIRD


実走行距離も少なく、内部の部品の傷みが殆ど無い上質な車両です。


エンジンの出力及びリムサイズ等はトロフィーと同仕様、スカッと走りますよ。
車体価格¥1.730.000-

支払明細
車体価格        1.730.000-
納車整備費用       45.000-
登録費          20.000-
消費税          143.000-
合  計        ¥1.938.600-

お支払いは、現金、オートローン、銀行ローン等 各種対応致します。
お気軽に下記までお問い合わせください。

079-557-1203
090-8466-9959
info@nunobikiclassics.com
担当 マツエダまで。
    
過去の作業はコチラ 
試運転の報告はコチラ
ストリートバイカーズの掲載記事はコチラ
Facebook 布引クラシックス 「がんばれ鶴岡さん!」 その1 その2 その3 最終回
  

Posted by nunobiki_classics at 15:41Comments(0)販売車両英国車

2015年01月30日

NORTON Commando 850 Interstate MkⅡA


コマンドは750だなんて誰が言った?750、850両車共にコマンドならではの魅力に満ち溢れている。その中でもトルクの厚さに振ったMkⅡA特有のバイブレーションは楽しい。低回転時に見せるあの「ズバッバッバッバッバッバッバッ・・・」と来る鼓動感は他車のそれには無いものだ。

当時、アメリカ大陸を走るユーザーからの要望で設定が決まったインターステイトシリーズ。対するロードスターでは約10リットル程度の容量だから常に残量を頭に入れて走る必要がある。場所によっては行けないケースもある訳だ。そうして出来た約24リットルものガソリン容量と余裕の有るタンデムシートは、何と言っても長旅の心強い味方になる。

この車両は過去に私が手掛け続けているもので、ペイントを始めオリジナルコンディションを維持したナイスな一台だ。こうしたシリンダーヘッドに始まり各部を手塩にかけて整備した。そこいらの旧車とは訳が違うと思って欲しい。

ギアボックスに始まる駆動系は、強いトルクを持つ850の隠れたウィークポイント。この駆動系は金属的に高価な部品の集合体。こうした作業にもかなりの出費が伴う。とにかく過去の記録を見て欲しい。本当に整備をしたものか?そうでないものか?皆さんなら分かるはずだ。



長い旅が得意なスンターステイトならば、こうした5個しか無いホイールベアリングに目を光らせる事は当たり前だ。雨風の入るスタンダードに変えてシールタイプへと変えている。そして、この青いシール材のものはアンギュラータイプのシールドベアリング。高価だが入れた安心感はオーナーのみぞ知る…

これはアイソラスティックシステムを分解したところだ。この後に新しいモノに刷新している。ここもコマンド特有の箇所で、個々の車体の明暗を分ける。単に組むだけなら誰にでも出来る。やったやらないの話ではない。どうやって組んだんだと聞いているんだ…そう言う話だ。

ここで皆さんに忠告だ。最近では個性的なバイクに視線が注がれて珍しいモノ、希少なモノでもネットや紙面に溢れかえっている。だが、感違いはよせ。珍しいモノに触手が出るのは分からなくもない、が本当に走れるモノがどれくらい有る?このコマンドのように何処をどうしましたと説明し、素人の皆さんでも「これなら大丈夫さっ!」と安心してハンドルを握れる事。それがクラシックモーターサイクルを買う大原則だ。「イケてるぜっ!」とか「カッケー!」だけで買うなんて思うツボ、古いモーターサイクルで地獄に落ちる程不幸な事はないんだ…松枝

過去の記録を是非お読みください。
・過去の整備記録はこコチラ。


NORTON Commando 850 Interstate MkⅡA
売約済み


東京都世田谷区 T様 ご成約ありがとうございました!  

Posted by nunobiki_classics at 14:01Comments(0)販売車両英国車

2014年10月29日

英国車輸入車両のご案内 1966 TRIUMPH TR6SR 650




ユニット650の丁度中期となる1966年モデルのトロフィー。タンクバッジがアイプロ―となりフロントのブレーキドラムにツバがつく。グレートップのシートはこの年最後となり、電装系は12Vに変わった。仕様の変更をあまり行わない英国車とは言うものの、それなりに熟成の進むユニット650。古典的なスタイルと信頼性とのバランスが最も均衡したモデルがこの1966年モデルと言える。
その中でもダウンスタイルのエキゾーストシステムとロードよりのタイヤなどを装備した TR6SR。オフロードモデルとしてのトロフィーの中では幾分異端児的な性格を持つものの、そんなアブノーマルなトライアンフも魅力ある一台だと言えるんだ。

1966 TRIUMPH TR6SR 650
車体価格売約済み
大阪府 N様 ご成約ありがとうございました。

納車整備の記録はコチラ

購入についてのご案内
当店では海外より選りすぐりの英国車を輸入販売しています。どの車両も布引クラシックス松枝が選んだ確かなモノばかり。バイヤーや中間業者を通しての販売はしていません。私が世界各地から直輸入して皆さんにお届けしています。是非ご検討下さい。

・車体価格、諸費用など表示は全て税別価格(8%)です。
・新規検査登録に関わる費用は別途必要ですが、概ね15万円前後になります。
・車体は海外の各地に在庫するものです。商談がまとまり次第輸入の手続きをとります。
・車体は現地での現状販売です。輸入後、当店での追加整備をお薦めしています。
 (費用別途必要概ね15万~ご希望に応じてご相談させて頂きます。)
・その他詳細はお電話にて問合せ下さい。(上記の携帯電話が確実です。)
・ここにあります購入車両は他のバイヤーからも引き合いが有ります。
 早い場合は数日で商談正立する事も普通です。売却済みの場合は悪しからずご了承願います。
・全ての価格は為替等により常に変動致しますのでご了承願います。

購入希望の方はお電話078-291-6464又は090-8466-9959
メールはinfo@nunobikiclassics.comまでお問い合わせください。担当 マツエダ   

Posted by nunobiki_classics at 18:00Comments(0)販売車両英国車

2014年07月23日

英国車輸入車両のご案内 1968 BSA A65S Spitfire Mk Ⅳ



1968 BSA A65S Spitfire Mk Ⅳ
車体価格 
売約済み
ご成約ありがとうございました。

BSA650ツイン車の最高峰モデルスピートファイアーシリーズ。A50を強引にボアアップして作られた当時の英国車には珍しいショートストロークエンジン。アマルのツインキャブレターに10.2の圧縮比を与えられそれは走らないはずがありません。当時のダートトラックレースで活躍した事は当然の成り行き。更にツイン車に於いて、ロケットゴールドスターとこのスピットファイアーのみに許された標準装備の貴重なダンロップ製バランスドリムがその熱い走りを物語ります。今のバイクに飽き飽きしている、英国車も皆と同じモノに乗りたくない。そんな貴方にこのスピットファイアーがきっと応えてくれることでしょう…

購入についてのご案内
当店では海外より選りすぐりの英国車を輸入販売しています。どの車両も布引クラシックス松枝が選んだ確かなモノばかり。私が世界各地から直輸入して皆さんにお届けしています。是非ご検討下さい。

・車体価格、諸費用など表示は全て税別価格(8%)です。
・新規検査登録に関わる費用は別途必要ですが、概ね15万円前後になります。
・車体は海外の各地に在庫するものです。商談がまとまり次第輸入の手続きをとります。
・車体は現地での現状販売です。輸入後、当店での追加整備をお薦めしています。
 (費用別途必要概ね15万~ご希望に応じてご相談させて頂きます。)
・その他詳細はお電話にて問合せ下さい。(上記の携帯電話が確実です。)
・ここにあります購入車両は他のバイヤーからも引き合いが有ります。
 早い場合は数日で商談正立する事も普通です。売却済みの場合は悪しからずご了承願います。
・全ての価格は為替等により常に変動致しますのでご了承願います。

購入希望の方はお電話078-291-6464又は090-8466-9959
メールはinfo@nunobikiclassics.comまでお問い合わせください。担当 マツエダ   

Posted by nunobiki_classics at 14:03Comments(0)販売車両英国車

2014年07月19日

英国車輸入車両のご案内 1971BSA A65T Thunderbolt





1971年からのA65のを皆さんご存知ですか?1950年代や1960年代とは違う新しい英国車の世界。それは新しいモーターリゼーション幕開けの1970年代、世界のデザインも急激に変化を迎えた時代でした。その背景の中、英国車にもこうした卓越したデザインを持つ素晴らしいモデルが存在しました。トライアンフのハリケーンなどと同じく工業デザインとしての質の高さを評価されている皆さんの知らない1971 A65。同じ1970年代に造られたヴィンテージなヘルメットとストライプの入ったジャケットで走ればそれはもう夢の世界。私が特にお薦めする、見て満足!走って楽しい!貴方の為の英国車です!
(この車両はマッチングしていませんが、エンジン、車体共に確かなものです。その分価格設定が低くなっています。手ごろな価格でこの人気モデルを手に入れるチャンスです!)
BSA A65T Thunderbolt 1971
車体価格 成約済み


購入についてのご案内
当店では海外より選りすぐりの英国車を輸入販売しています。どの車両も布引クラシックス松枝が選んだ確かなモノばかり。バイヤーや中間業者を通しての販売はしていません。私が世界各地から直輸入して皆さんにお届けしています。是非ご検討下さい。

・車体価格、諸費用など表示は全て税別価格(8%)です。
・新規検査登録に関わる費用は別途必要ですが、概ね15万円前後になります。
・車体は海外の各地に在庫するものです。商談がまとまり次第輸入の手続きをとります。
・車体は現地での現状販売です。輸入後、当店での追加整備をお薦めしています。
 (費用別途必要概ね15万~ご希望に応じてご相談させて頂きます。)
・その他詳細はお電話にて問合せ下さい。(上記の携帯電話が確実です。)
・ここにあります購入車両は他のバイヤーからも引き合いが有ります。
 早い場合は数日で商談正立する事も普通です。売却済みの場合は悪しからずご了承願います。
・全ての価格は為替等により常に変動致しますのでご了承願います。

購入希望の方はお電話078-291-6464又は090-8466-9959
メールはinfo@nunobikiclassics.comまでお問い合わせください。担当 マツエダ   

Posted by nunobiki_classics at 11:27Comments(0)販売車両英国車

2014年07月07日

英国車 輸入車両のご案内 1971 TRIUMPH TR6R



1971 TRIUMPH TR6R
車体価格 成約済み (税、登録費用等別途必要)


皆さんご存知のオイルインフレームですが、確かに見た目の軽快さは影をひそめどっしりとした姿になった事は否めません。
しかし、良い事も沢山あります。とにかく車体がしっかとりし安心感が増しました。二人乗ってのキャンプツーリングでも何ら不安はありません。限られた予算のなかで英国車を存分に楽しむ事に年式の違いなど、ありませんよ!松枝

購入についてのご案内
当店では海外より選りすぐりの英国車を輸入販売しています。
何れもエンジン及びフレームナンバーのマッチングした車両、更に現地タイトルのある車両を原則としています。所在不明なモノや日本で登録の出来ない車両などは一切輸入していません。

・車体価格、諸費用など表示は全て税別価格(8%)です。
・新規検査登録に関わる費用は別途必要ですが、概ね15万円前後になります。
・車体は海外の各地に在庫するものです。商談がまとまり次第輸入の手続きをとります。
・車体は現地での現状販売です。輸入後、当店での追加整備をお薦めしています。
 (費用別途必要概ね15万~ご希望に応じてご相談させて頂きます。)
・その他詳細はお電話にて問合せ下さい。(上記の携帯電話が確実です。)
・ここにあります購入車両は他のバイヤーからも引き合いが有ります。
 早い場合は数日で商談正立する事も普通です。売却済みの場合は悪しからずご了承願います。
・全ての価格は為替等により常に変動致しますのでご了承願います。

購入希望の方はお電話078-291-6464又は090-8466-9959
メールはinfo@nunobikiclassics.comまでお問い合わせください。担当 マツエダ  

Posted by nunobiki_classics at 16:09Comments(0)販売車両英国車

2014年07月07日

英国車 輸入車両のご案内 1976 TRIUMPH T140E



1976 TRIUMPH T140E 750
車体価格 SOLD (税、登録費用等別途必要)

トライアンフも生き残りを掛け、いろいろとモディファイを繰り返しました。
このモデルには従来からのオイルインフレームに前後ディスクブレーキの車体に加え、アマル社製のコンセントリックマーク2タイプに変更されました。走りのスムースさが向上していますよ。リアの荷物用のキャリアも泣かせます。テントを積んでキャンプツーリングにはもってこいのモデルではないでしょうか?松枝

購入についてのご案内
当店では海外から選りすぐりました英国車を輸入販売しています。
何れもエンジン及びフレームナンバーのマッチングした車両、更に現地タイトルのある車両を原則としています。所在不明なモノや日本で登録の出来ない車両などは一切輸入していません。

・車体価格、諸費用など表示は全て税別価格(8%)です。
・新規検査登録に関わる費用は別途必要ですが、概ね15万円前後になります。
・車体は海外の各地に在庫するものです。商談がまとまり次第輸入の手続きをとります。
・車体は現地での現状販売です。輸入後、当店での追加整備をお薦めしています。
 (費用別途必要概ね15万~ご希望に応じてご相談させて頂きます。)
・その他詳細はお電話にて問合せ下さい。(上記の携帯電話が確実です。)
・ここにあります購入車両は他のバイヤーからも引き合いが有ります。
 早い場合は数日で商談正立する事も普通です。売却済みの場合は悪しからずご了承願います。
・全ての価格は為替等により常に変動致しますのでご了承願います。

購入希望の方はお電話078-291-6464又は090-8466-9959
メールはinfo@nunobikiclassics.comまでお問い合わせください。担当 マツエダ
  

Posted by nunobiki_classics at 16:00Comments(0)販売車両英国車

2014年07月07日

英国車 輸入車両のご案内 1967 BSA A65 Thunderbolt



1967 BSA A65 Tunderbolt 650
車体価格 売約済み (税、登録費用等別途必要)


トライアンフやコマンドのロングストロークエンジンと違いショートなストロークがウリのA65。
ルックス的にも他と一線を画していますが、乗ってみるとその魅力はオーナーだけに強烈に伝わります。
何もかも「オレだけのバイク!」自分色を大切にする方にお薦めです…松枝

購入についてのご案内
当店では海外から選りすぐりました英国車を輸入販売しています。
何れもエンジン及びフレームナンバーのマッチングした車両、更に現地タイトルのある車両を原則としています。所在不明なモノや日本で登録の出来ない車両などは一切輸入していません。

・車体価格、諸費用など表示は全て税別価格(8%)です。
・新規検査登録に関わる費用は別途必要ですが、概ね15万円前後になります。
・車体は海外の各地に在庫するものです。商談がまとまり次第輸入の手続きをとります。
・車体は現地での現状販売です。輸入後、当店での追加整備をお薦めしています。
 (費用別途必要概ね15万~ご希望に応じてご相談させて頂きます。)
・その他詳細はお電話にて問合せ下さい。(上記の携帯電話が確実です。)
・ここにあります購入車両は他のバイヤーからも引き合いが有ります。
 早い場合は数日で商談正立する事も普通です。売却済みの場合は悪しからずご了承願います。
・全ての価格は為替等により常に変動致しますのでご了承願います。
購入希望の方はお電話078-291-6464又は090-8466-9959
メールはinfo@nunobikiclassics.comまでお問い合わせください。担当 マツエダ  

Posted by nunobiki_classics at 15:49Comments(0)販売車両英国車

2014年07月07日

英国車 輸入車両のご案内 NORTON Commando 850Interstate



NORTON Commando 850 Mk3 Interstate
売約済み

1975年に発売されましたスターターモーター装備のコマンド850です。
ブレーキは前後ディスク式、一見近代的なスイッチ類、シフトチェンジペダルも左サイドに移されるなど大きな変更を受けた歴史的なモデルです。
スターターモーターの整備を完全に行えば、英国車には無いボタンによる始動が味わえます。(斬新かつ驚き!)
また、このモデルはインターステイトと言い、24リットル前後入る巨大な燃料タンクが特徴、対するロードスターの10リットル強と比べ旅の強い味方となってくれる事間違いありません。
旅好きの方には750よりもお薦めしたい私も大好きな大人の為の英国車です…松枝

購入についてのご案内
当店では海外から選りすぐりました英国車を輸入販売しています。
何れもエンジン及びフレームナンバーのマッチングした車両、更に現地タイトルのある車両を原則としています。所在不明なモノや日本で登録の出来ない車両などは一切輸入していません。

・車体価格、諸費用など表示は全て税別価格(8%)です。
・新規検査登録に関わる費用は別途必要ですが、概ね15万円前後になります。
・車体は海外の各地に在庫するものです。商談がまとまり次第輸入の手続きをとります。
・車体は現地での現状販売です。輸入後、当店での追加整備をお薦めしています。
 (費用別途必要概ね15万~ご希望に応じてご相談させて頂きます。)
・その他詳細はお電話にて問合せ下さい。(上記の携帯電話が確実です。)
・ここにあります購入車両は他のバイヤーからも引き合いが有ります。
 早い場合は数日で商談正立する事も普通です。売却済みの場合は悪しからずご了承願います。
・全ての価格は為替等により常に変動致しますのでご了承願います。

購入希望の方はお電話078-291-6464又は090-8466-9959
メールはinfo@nunobikiclassics.comまでお問い合わせください。担当 マツエダ  

Posted by nunobiki_classics at 15:32Comments(0)販売車両英国車

2014年07月07日

英国車 輸入車両のご案内 NORTON Commando 850 Roadster

1975 NORTON Commando 850 Mk3 Roadster

NORTON Commando 850 Mk3 Roadster
売約済み
1975年に発売されましたスターターモーター装備のコマンド850です。
ブレーキは前後ディスク式、一見近代的なスイッチ類、シフトチェンジペダルも左サイドに移されるなど大きな変更を受けた歴史的なモデルです。
スターターモーターの整備を完全に行えば、英国車には無いボタンによる始動が味わえます。(斬新かつ驚き!)
トルクも太く長時間の走行も得意で走り続ける事の楽しさを改めて教えてくれる事でしょう。
旅好きの方には750よりもお薦めしたい私も大好きな大人の為の英国車です…松枝

購入についてのご案内
当店では海外から選りすぐりました英国車を輸入販売しています。
何れもエンジン及びフレームナンバーのマッチングした車両、更に現地タイトルのある車両を原則としています。所在不明なモノや日本で登録の出来ない車両などは一切輸入していません。

・車体価格、諸費用など表示は全て税別価格(8%)です。
・新規検査登録に関わる費用は別途必要ですが、概ね15万円前後になります。
・車体は海外の各地に在庫するものです。商談がまとまり次第輸入の手続きをとります。
・車体は現地での現状販売です。輸入後、当店での追加整備をお薦めしています。
 (費用別途必要概ね15万~ご希望に応じてご相談させて頂きます。)
・その他詳細はお電話にて問合せ下さい。(上記の携帯電話が確実です。)
・ここにあります購入車両は他のバイヤーからも引き合いが有ります。
 早い場合は数日で商談正立する事も普通です。売却済みの場合は悪しからずご了承願います。
・全ての価格は為替等により常に変動致しますのでご了承願います。

購入希望の方はお電話078-291-6464又は090-8466-9959
メールはinfo@nunobikiclassics.comまでお問い合わせください。担当 マツエダ  

Posted by nunobiki_classics at 15:14Comments(0)販売車両英国車

2012年11月22日

1972 ノートンコマンドマークⅣ ロードスター


1972年ノートンコマンド750マークⅣ ロードスターの予告です
この鮮やかなブルーの塗色はフレークブルーと言い、れっきとしたコマンドの当時の純正色。
超粗目のメタリックカラーと言えば分かると思います。1970年代にアメリカで流行ったカラ―ですね。
ピーターフォンダのヘルメットの星条旗にもこのカラ―が使われていました。
海に向かうサーファーのライトバンにはいつもこのカラ―が一緒でした。懐かしくイカシタ色なんです.....
この他、1970年にはシルバー、パープル、レッド、エメラルドグリーンなどのフレークカラ―が有りにぎやかでした。アメリカのニーズで始まったこのフレークカラ―も、英国車の衰退と共に段々となくなり、最後はこのロイヤルブルーだけが残ったという悲しい話な訳です。
そして、このコマンドは、ペトロールタンクと左右のサイドパネルに製造当時のカラーがそのまま残る貴重な車体なのです。それでなくても劣化の激しいフレークカラ―。残っているだけで良いのです。当然、痛みはあります。クリアの剥離も変色もあります。しかし、そんな事は問題ではありません。当時のカラーが残っている。1970年代に英国で工場のおじさんが一生懸命ガンを持って塗装していたそのものが今ここにある。海を渡ってアメリカのディーラーのショールームに輝かしく並んでいたそのものがここにある。それだけで英国車冥利に尽きるのです。
車体関係
このロードスターの車体は、塗装もフレーム自身も大変しっかりとしていますので、当時の面影を消すことなく使いたいと思います。しっかりとしているからと言って何もせずに使うと言う意味ではありませ。フレームを単体にして点検修正の後しっかりと仕上げます。特にセンタースタンド及びサイドスタンドの取り付け部分は念入りに行います。
また、皆さんの気になるアイソラスティックシステム。当然ながら全て交換の後、私なりの調整を施します。スイングアームもしかり。コマンドのグッドバイブレーション、ファンタスティックライディングを再現致します。
ブレーキは、この年式から正式に採用されたロッキード社製のノートンオリジナルディスクブレーキ、リアも当然ですがスタンダードを踏襲致します。ダンロップ製リムとスチール製スポークもしっかりとして良い状態です。このまま使用する事が大切。何でもかんでも再メッキを掛けることなど分別を持って判断しなければなりませんね。
エンジン関係
点検しましたところ、クランク関係はそのまま使用も可能ですが、一度分解致し消耗部品を全て交換します。ピストンとシリンダー、シリンダーヘッドのバルブも念入りに作業します。ギアボックスも全て分解します。やりにくい仕事も手を抜かず、全うします。プライマリーチェーンケース内も同様です。耐久性の高いスタンダードのウェット式を堅持する予定です。
キャブレターはアマル社製のコンセントリックを踏襲。英国車の扱いづらさを決定づけているこのキャブレターに皆さん悪戦苦闘して頂きましょう。きっと上手になりますよ。
電装関係
これは、いつもの事では有りますが、スタンダードの整流器とツェナダイオードからなるシステムに、液入りバッテリーでも結構ですし、最新のシステムに交換し、発電容量を上げる事も可能です。最終的にオーナーの方が決まり次第、決めて行きたいと思います。ヘッドライトもスタンダードのルーカス社製プリフォーカスレンズが似合います。暗く焦点がどこにあるのか分からない。つーリンク愛好者の方には自殺行為ともいえるレンズが良いですね。また、フラッシャーは同じくルーカス社製のロングステムを取り付け予定。1972年製にはこれが大変美しく映えます。
外装関係
冒頭でも申しましたように、オリジナルのまま使用します。正式にはフレークロイヤルブルーと言いますが、何とも愛着がわく事この上ありません。また、シートは1972年モデルのものに戻したいと思います。ウイープトップの洒落た柄が1972年の証となります。
統括です
方向性としましては、塗装、車体を含めた外装は当時のままの姿を活かします。下手な修復は、この車体には適しません。
そして、エンジン、ギアボックス、プライマリーケース等の消耗部品など全て交換します。
電装系については、オーナーの使用状況に合わせ、現代の交通事情に於いても安心して使えるものとする予定です。
但し、保管場所のない方には販売致しません!
大切なオリジナル塗装を、雨やほこりにさらすなどできると思いますか?
ガレージのある大人の方、どうぞお問い合わせください。お待ちしています!

    車体価格 SOLD (登録整備費、消費税、オプション代等は別途)

茨城県 T様 ご成約ありがとうございました。  

Posted by nunobiki_classics at 18:34Comments(0)販売車両英国車

2012年11月22日

1971 ノートンコマンド フルレストア車両

1971 NORTON COMMANDO 750

ノートンコマンド750のフルレストア車両の予告を致します
当店が所有しています1971年製のコマンドを平成25年度末の完成目標として作業致します。今回は、全ての箇所を分解点検修正の後、仕上げて参ります。世の中には上質なものから目を覆いたくなるようなモノまで、様々な英国車が存在しています。しかし、オーナーである皆さんはその事に全く気がついていません。本当は素晴らしいものなのに、安価で適当なものを買ったがために挫折してしまった、良くある話です。間違いのない車両を、この手でお届けしたい。布引クラシックス松枝があなたの為に作業を致します。
車体関係
先ず、フレーム自体の確認修正をします。ペイントは、剥離し下地処理の後、下塗り中塗り上塗りを致します。塗料にはクラシックモーターサイクルとしての雰囲気を消さないように質感に配慮し、最新の上塗り材で耐ガソリン性や紫外線などの耐候性の高いものとしています。
ダンロップ製スチールリムにはスチール製スポークで質感を維持し精度高く組み上げて行きます。タイヤは勿論英国はエイボン社製のロードランナーを使用し当時の雰囲気を守ります。しかし、ホイールベアリンク゛やタイヤチュープ゛などは最新のモノを組み入れ信頼性を高めたいと思います。
アイソラスティックのラバーは当然ながら一新。組み付けもスイングアームと共に最新の注意を払い、コマンド特有の質感の高いバイブレーションと走行性能を実現します。
電装関係
電装系等とは、たった一カ所のトラブルで走る事が出来なる事もあります。それはオーナーにとって未知の世界。クラシックカーと言えども、完全に仕上げなければなりません。ですから40年以上も使用されたハーネス関係は一新且つ、可能な限りオリジナルの雰囲気を踏襲します。ちらっと見える質感のあるハーネスににんまりとした笑顔が浮かびます。各部を作動させるスイッチ類はオリジナル品を堅守。接点を含めて全てを点検修正いたします。また、気になる充電装置ですが、これはオーナーと相談の上決めて行きます。オリジナルのシステムと液入りバッテリーの王道の組み合わせはマニアの楽しみ。逆に発電容量を上げ、最新式の制御機器でメンテナンスフリーバッテリーを使うことも可能です。ヘッドライトにはスタンダードのルーカス社製P700にプリフォーカスタイプレンズを装備予定。暗く行燈のような光量で夜間走行など危険極まりない、何処を走っていいのか分からない。それでも雰囲気を守りたいと思います。但し、乗った事のある人なら分かるでしょう。動力性能の高いコマンドでは相当危険です。充電装置を含めて夜間も安心なH4のハロゲンバルブを使用できる組み合わせも視野に入れて頂きたいと思います。
また、フラッシャーはルーカス社製のロングステムを取り付け予定です。これは、1972年頃から部分的に1973年前後から標準でコマンドに装備されたもので、コマンドには最も自然に溶け込んでいるものです。しかし、1971年モデルには本来フラッシャーは装備されていませんので、小型のものを取り付ける事も可能です。オーナーの好みの分かれるところですね。
エンジン関係
クランクシャフト、コネクティングロッド、ピストン、カムシャフト、バルブ、オイルポンプなど全て徹底的な作業を致します。当店のブログにあります他のコマンドの作業報告をご覧ください。何をどうするのかお分かりかと思います。
そして、カムシャフト、圧縮比は、エンジンの性格を決定づける大切なもの。適当な使い辛さが楽しいオリジナル的なものから、下から上まで使い勝手の良いパワフルなものまで選択可能です。オーナーの使用状況に合わせ、良く相談したのちに選択します。また、エンジンオイルを強制潤滑させるオイルポンプ。エンジンにとって最も大切なもの。しっかりと分解点検修正致します。
キャブレターはアマル社のコンセントリックを踏襲。精度や設計の不具合でいろいろと悩まされることになるアマル社製キャブレター。手首は疲れ、スロットルの戻りは悪く、危険な思いもする事になる。そんなアマルでもティクラーの始動やその風貌が英国車ファンにはたまらないのです。当時の困難さをもって走らせたいと言う皆さんの熱い要望にお応えしましょう。
点火装置
これは、オーナーと共に考えたいと思います。先のカムシャフトや圧縮比とも関係する事ですので、トータル的に考える事が大切です。話が長くなりますので、簡単に言うと何台も英国車を乗り継いだ違いの分かる人であれば標準のコンタクトブレーカーポイント式を選ぶ意味がある。初心者や未だ何も分からない人には無接点のトランジスター式のものが適している。こうお勧めしています。特にビギナーの方には他にいろいろと気に掛ける事も多いのですから、点火装置くらいは始動性が高くトラブルのないトランジスター式を選ぶ事が賢明ではと思います。また、後からでも元に戻せるので現時点での必要性を考えましょう。
外装関係
ペトロールタンクは、現在ブラックにゴールドのものが仕上がっています。或は別途タンクを取り寄せて塗る事も可能です。それもオーナーと相談の上決定します。また、シートについては新品を取り付けます。1971年モデルのものにこだわりたいと思います。また、小柄な方には薄くする加工も可能です。足着き性に不安のある方には対応可能です。

その他
契約頂いたオーナーの方には、詳細を逐一報告致します。遠方の方であれば、メールに写真を添えて送ります。不透明な作業は致しません。古い英国車を現代に於いて走らせるために、精力的に作業するのみです。
そして、完成後は各部の点検調整の後、300キロ程度の試運転を致します。その後、再び各部の点検調整に起こった不具合を修正します。そうして、可能な限り上質なものとしてお渡ししたいと思います。

そして、大切な事は最初の納車に直接お話しする事。始動の仕方、走らせ方、メンテナンスの仕方、様々な事をお伝えしなければなりません。今の現行車のように、只届けるだけの納車はできません。この最初にお話しする事が後の英国車ライフの明暗を分けます。
更に、最初は一緒に走ってもらいます!私と一緒に走り英国車とはこう走るものなんだと理解してもらいます。これも、大切な事。勝手に使い方を決めないでください。古いものには古いものの走り方というものがあるのです。そして英国車の良さをご一緒に感じられたら最高ですね.....

布引クラシックスが造り上げるノートンコマンド。ご注文、問い合わせ、お待ちしております。 
                       布引クラシックス  松枝 

お願い・・・写真は過去に作業したものです。参考としてご覧ください。

契約済み H様 ご契約 ありがとうございました。


    

  

Posted by nunobiki_classics at 14:18Comments(0)販売車両英国車