2017年06月06日

兵庫県西脇市の「バーガークレイジー」さんへ行ってきましたよ!


美味いハンバーガーを食べたくなったら兵庫県西脇市の「バーガークレイジー」さんを目指しましょう。私はパイナップルチーズバーガーを注文。(お店の壁に初心者はコチラと書いてあり、全くビギナーな私は迷わずそれを注文...) 「写真を撮った後、軽く圧縮して所定の袋に入れてガブっ!と食べてください…」とオーナーのフトシ君。以前店を訪れてくれました。コチラ


カメラを引くとこうなります。顎が外れるかと思うくらい口を開けたら美味さ満載!口の横からタラ~ッと肉汁が...そしてこの横のポテト...ケチャップつけてモグモグ・・・美味いです。
そして、私が感じた一番大切なこの店の特徴とは!・・・何だか本当に南国にいるような気分になれる事...「チャララ~♬♫~」 頭の中を流れるのはハワイアンミュージック、そして目の前には青い海・・・「・・・ザッバー・・・シュワシュワシュワ・・・・・・」それもアメリカハワイはワイキキビーチ、いやっノースショアみたいな・・・皆さんも是非目をつぶって食べてみてください。本当に情景が浮かんで来ますよ!(あくまで個人的な見解ですが...)



お店はこんな感じ。前に駐車スペース有ってクルマでも行けます。そう、バイクや車で直接ハワイに行ける店。兵庫県に居ながらにしてノースショアパイプラインに行ける店。そんな兵庫県西脇市の「バーガークレイジー」さん、次の休みに是非訪ねてみては如何でしょうか...布引クラシックス 松枝

バーガークレイジーさんコチラです。


  

Posted by nunobiki_classics at 20:03Comments(0)ツーリング向けグルメガイド

2016年12月03日

淡路島大磯港お食事処「渡船食堂」


「普段肉ばかり食べてる皆さん、新鮮な魚をもっと食べなきゃいけませんよ!」 
ここ淡路島の大磯港脇にある「渡船食堂」さん。わたくし松枝は時々行きたくなるんです。
松枝は肉ばかり喰ってると皆さん勝手にイメージされてますがそれは間違いです。肉はお客さんとの会食が中心で、好みは野菜と魚。なのでこうした新鮮な魚料理を毎日食べたい!しかし現実は悲しくなる程違っているのですトホホホ…


そんな夢を一時でも良いから満たしてくれる渡船食堂さん。奥の厨房では粗っぽい感じの御主人(絶対に元漁師!)が腕を振るい、おかみさんが注文を聞いてくれます(幾分怖そう…)。味は王道!小洒落た味はしません。料亭のような手の込んだ味もしません。「煮魚と言ったら煮魚だろっ!焼き魚と言ったら焼き魚だろっ!」そんな声が聞こえて来る正真正銘港の味!これが「渡船食堂」さんの魅力です‼
※春には「生しらす丼」が人気です。コチラ


で、ここ大磯港は元フェリー乗り場。私も当時は淡路島と言えばここを利用。神戸須磨港からのフェリーが発着し賑やかでした。けれど明石海峡大橋の開通以来、フェリーも廃止され今はひっそりとしてしまいました…


ここでの注意点はバイクの置き場所。道路反対側の港の奥にこの駐車場が用意されいます。決して店の廻りにバイク置かないようにしてくださいね。おかみさんが怒りますから...怖い!


店構えはこんな感じ。大磯港の国道28号線の反対側、直ぐ分かりますよ。
如何ですか、大衆食堂の王道「渡船食堂」 布引クラシックスでは毎年新春ツーリングとして1月に毎年訪れていますよ。皆さんも冬の近場ツーリングに是非如何でしょうか…
2014年1月 布引クラシックス 松枝

フェイスブックはコチラ、地図はコチラ
  

Posted by nunobiki_classics at 19:09Comments(0)ツーリング向けグルメガイド

2016年11月30日

徳島県道の駅日和佐「トヨタ屋の三角パン」


やはり遠くの街に行くと食べたくなるのが都会では味わえない地域の味。巷で徐々に注目されつつあるいわゆるローカルフードですね。


ここは国道55号線沿いにある「道の駅日和佐」 野菜売り場の一角に 「ん?・・・トヨタ屋の三角パン・・・?」 見つけてしまいました。 「こりぁあいいんじゃないか・・・パクッ!」 食べてみるとローカルテイストが口一杯に広がって 「ウッメーナー・・・」 めちゃくちゃ美味い訳ではありません。最近のオシャレ系パン屋の味でもありません。材料の素朴感も際立つ昭和の味そのままが何とも嬉しくて、思わず涙ぐんでしまいそう・・・(私は昭和に戻りたい典型的な人)・・・そう、こうした地域の味を噛み締める事こそ旅の醍醐味!たった菓子パンひとつでわたくし松枝ほっこりと幸せな一日を過ごすことが出来ましたよ。


また、この道の駅日和佐から10分程の所に 「うみがめ博物館カレッタ」 がありますコチラ。実は私は大のウミガメ好き、ここ日和佐はウミガメ産卵の聖地!愛らしい瞳を見ていると、胸一杯になります。「また会いに来るよ・・・」と言ってお別れしましたよ!

今日は徳島県に有る道の駅日和佐の「トヨタ屋の三角パン」と近くの「ウミガメ博物館カレッタ」を紹介致しました。皆さんも是非立ち寄ってみては如何でしょうか? 2016.11.5 布引クラシックス 松枝  

Posted by nunobiki_classics at 13:03Comments(0)ツーリング向けグルメガイド

2016年03月28日

三重県亀山市旧国道1号線沿「亀八食堂」


もう、説明の必要はありませんね。その昔、鈴鹿通いされていた方は必ずや訪れた事のある焼肉店 「亀八食堂」 「えっ? この店じゃないぞ…」 そう皆さん口を揃えておっしゃるかと思います・・・そうです、こんなにキレイになったのです(随分前の話ですが…)。


皆さん、憶えてますかこの絵を?真っ黒な八丁味噌ベースのこってりダレにどっぷりと半固形のラードがど――――んと盛られるこの絵を?目線の近くにある鉄板から見るとド迫力!だったのです。


昔は皆お金が無かった。マシンにオイルにガソリン代・・・泣け無しの金を叩いて飛び込んだ「亀八食堂」夏の盛りに革のフルスーツで鈴鹿サーキットを汗だくで走りまくった後の美味さは正に格別だったじゃないですか・・・「あの頃の俺は熱かった・・・」 「膝を摺りコーナーを駆け抜けた・・・」 そして 「あの頃の仲間はどうしてるのかな・・・?」 「あの時つきあってた彼女は今何処へ・・・」 甘酸っぱい思い出がいろいろと蘇ります・・・そう、それは青春の味、みんな大好きだった亀八食堂!もう一度行こう亀八食堂!バイクに乗って‼

では、初めて行かれる方のメニューは以下です(1人前)。

・カクテキ (豚バラ肉の厚切り)2人前
・ホルモンB 1人前(Bは牛、Aは豚のホルモン 無くても可)
・白玉うどん 一個
・ごはん(小、中、大)
・キムチ 白菜、きゅうりの他に普通の漬けもの有り
・豚汁(個人的に好き) ひとつ

更にここで牛肉を頼むのは素人です。普通に「豚肉」と頼むのもダメです。元気よく 「トンテキ2人前っ!」 これが通なんです。
と言う事で皆さん、今年のツーリングシーズンには甘酸っぱい青春の味 「亀八食堂」 を目指してしみては如何でしょ・・う・・か・・・ 松枝
 
過去のツーリングはコチラ
「亀八食堂」 のホームページはコチラ
  

Posted by nunobiki_classics at 14:20Comments(0)ツーリング向けグルメガイド

2015年12月12日

ツーリング向け焼肉店 丹南篠山口直ぐ「牛屋たなか」


舞鶴若狭道「丹南篠山口インター」を降りて左折、直ぐにこの看板が見えます。年中無休、営業時間は朝の11時から22時まで(平日昼過ぎから夕方閉まります)。平日土日共にランチタイムは混雑、紙に名前を書いて待ちましょう。ランチタイムではランチメニュー以外に通常のメニューも頼めます。


一言で言うと 「田中畜産直営店、美味い肉が安い!」 こうです。これはたしか「神戸セット」とか言って9千いくらです。4~5人前なので他にご飯とかキムチとかわかめスープとかを別で頼んでもひとり3千円ちょっとです。安いです。慣れたらセットよりも単品で注文しましょう。通好みの単品がいろいろあります。
そして食後には ソフトクリーム! 是非頼んでみてください。食べるにつれて 「これ 美味いね―!」 密かな人気なんですよ。(最近仕様変更され廻りのコ―ンがワッフルとかに。全体が甘過ぎてイマイチになりました…残念です)
京阪神から1時間程度、次の休みには丹波笹山まで「焼肉ランチツーリング」如何でしょうか?
お店のホームページはコチラ
  

Posted by nunobiki_classics at 15:55Comments(0)ツーリング向けグルメガイド

2015年11月10日

長野県伊那市 ソースカツ丼 青い塔


皆さん、悲しいかなソースカツ丼とは最早何処でも食べれるようになってしまいました、個人的に結構残念です。地元兵庫の誇り、加古川の「かつめし」に始まり中部は名古屋の「味噌カツ丼」、そして元祖カツ丼である北陸福井ヨーロッパ軒の「ソースカツ丼」・・・とは言うものの私もいろいろ食べて参りました。
最も私はテレビのグルメ番組など一切見ません。ギャラに目のくらんだ芸能人の過大表現など誰が信じますか?もううんざりです。そうです、自分で食べてこそのグルメ。今回の青い塔のソースカツ丼、数有るカツ丼の中でも群を抜いているのです。それは・・・

「うっめーっ!」 

・・・冗談抜きで、めっちゃ美味いです!


ご期待に応えてアップ致しましょう・・・どうですか?よーく見てください。自称グルメを名乗る方なら写真を見ただけでこの味が分かるはずです。そもそもカツ丼のB級クラスでは、肉をけちります。安い肉をどうやって美味いと言わせるか?これが料理人の腕です。しかし、ここ青い塔のソースカツ丼は肉はけちりません。肉自体がめちゃ美味いです!そして、このソース・・・どっちかって言うと甘めが好きな私には文句なしっ!正にカツ丼界のA5クラスと言えましょう。なので・・・

「う・ま・す・ぎ・るっ―!」

肉美味くてソースも美味い!恐らく天下無敵ではないでしょうか?
と言う訳で、関西方面の方も関東方面の方も今度の休みには是非中央道伊那インターを目指して頂きましょう!

「青い塔のソースカツ丼・・・喰ったるっー!」

頑張って頂きたいと思いますよ。   布引クラシックス 松枝
        
詳細は以下です。
(以前有ったお店のホームページ見当たりませんでしたので・・・)

http://hitosara.com/0002124709/  

Posted by nunobiki_classics at 16:11Comments(0)ツーリング向けグルメガイド