2018年02月04日

「BRITISH RUN spring 2018」 今年も開催されますよ!


毎年春に行われる「BRITISH RUN」が今年も岡山県で行われるとの事。


「BRITISH RUN」 主催の朱山さんが「今年もやりますよ!」と、お友達と共に訪れてくれました。


毎年、年齢問わず英車好きのメンバーが集まるそう・・・楽しい会の様ですよ。(布引ファミリーの皆さん、フライヤーありますからね。)


因みに、彼の愛車はアルミシリンダーのT100、いじるには気を遣うシリンダー(笑) ずっと大事にしてもらいたいですね。


更に、お友達の441。これもまた楽しいモーターサイクルですね。是非グッドコンディションをキープしてもらいたいと思います。(また、お名前教えてください!)


まぁそれでも今年は特に寒い!布引クラシックス前の雪も解けない始末。そんな中、訪れてくれた二人に感謝。松枝も「BRITISH RUN」の成功祈ってますよ!

「BRITISH RUN spring 2018」 の詳しい内容は以下をご覧ください。英国車に乗ってる皆さん、是非参加されてみては如何でしょうか・・・松枝
※・・・詳しくはコチラ

  

Posted by nunobiki_classics at 21:27Comments(0)お知らせその他

2018年01月24日

布引クラシックスは全国へ参りますよ。


布引クラシックスでは、遠方のお客様にも、多数ご愛顧頂いていますよ。
クラシックモーターサイクルを愛する心は全国共通・・・そんな「布引ファミリー」の下へ愛車 「1997 シボレー K1500 シルバラード」 に乗って駆けつけます(新車で輸入して以来所有、大切な相棒)。


「布引クラシックスって、遠いなぁ・・・買っても後が心配だし・・・」 確かにそんな話しはあります・・・


或いは 「この辺じゃ英国車どころかバイクの店すらないしなぁ・・・」 乗る事自体をためらっている人もいます・・・


そんな皆さんに布引クラシックス松枝が 「カーツッ!」 良く聞いて下さい、高価な英国車を買うって事・・・大切な愛車を他人に任せるって事・・・場所で買うんじゃないんです、距離で選ぶんじゃないんです。「この人なら・・・この工場なら・・・やっぱり任せて良かった・・・」 それが貴方が示す大切な愛車への礼儀、本物を選ぶことはオーナーである貴方の義務なのです。


更に、遠方に納めた車両はそこで終わりじゃないんです。ずっとお付き合いは続いていく・・・それが布引ポリシー。確かに、「後は自分でやります!」ってのも個人のスタイルですから、それはリスペクトご自由です。但し、何もせず乗り回せる程、英国車は甘くない!ビギナー講座その1コチラ メンテナンス維持のため全国どこへでも取りに行く・・・大事な愛車の為に・・・大切な「布引ファミリー」の為に・・・


最後に申します。皆さんの人生は一度きりです。ヘナヘナ迷っている間にも刻々と時間は過ぎ人生はすり減って行きます。ここで布引クラシックス松枝の話しを聴きましょう・・・
「遠いだと、それがどうした?・・・東京から走ってくる布引ファミリーも居るんだぞ・・・」 「今乗らなきゃいつ乗るんだい?今ちゃんと直さなきゃいつ走るんだい?人生ってのは二度と帰って来ないんだぞっ!・・・」 貴方の耳にこの声が届きますか?・・・
英国車の楽しさ→ビギナー講座最終回コチラ 中級者講座最終回コチラ


このように、布引クラシックスは全国区です。距離がネックだと思っている貴方、どうか布引クラシックス松枝までご一報ください。わたくし松枝が必ずお応え致します・・・
2018/01/24 布引クラシックス 社長 松枝

※・・・現在布引クラシックスでは、遠方の皆様に可能な限り負担の掛からない料金形態を検討中です。決まり次第告知致しますので今しばらくお待ちください。
※・・・只今、作業に待ち時間があります。鋭意作業進行中!がんばります!



  

Posted by nunobiki_classics at 00:27Comments(0)お知らせその他

2018年01月09日

布引ファミリーの皆様、2018年度の新年のごあいさつです。


布引ファミリーの皆様、明けましておめでとうございます。
今年も新年がやって参りましたが・・・昨年を振り返りますと、仕事に終われ息つく暇もない・・・相変わらずの一年でありました。(反省・・・)
(写真・・・松枝所有のコマンド2017年度の仕様です。)


今年も全国各地から車両の購入や修理の依頼を頂きました。しかし!その分待ってもらっている方々も多い訳です(トホホホ・・・涙)
※・・・以下の写真は2017年度に納めました車両の一部です。
(写真・・・1966 TRIUMPH 6TA Thunderbird 販売車両 2017年夏納車 東京都M様 コチラ)


「一日でも早く乗って欲しい・・・その為にやるべき事をやらねば・・・」 わたくし松枝も後ろ髪を引かれながら、日々作業に明け暮れております。(決して遊んでなんかいませんよ!)
(写真・・・1964 TRIUMPH T120R Bonneville フルレストア作業 2017年春納車 兵庫県I様 コチラ)


待ってくれている布引ファミリーの皆さんへ伝えたい事、それは・・・「いつも皆さん一人一人を忘れてなんかいませんよ!だから今は耐えて欲しい・・・」と、日々そう思う訳です。
(写真・・・1970 NORTON Commando 750 Fastback フルレストア作業 2017年夏納車 東京都T様 コチラ)


そして、新年にあたり決意表明致します・・・「お預かり車両の早期完成を目指すぞっ!」・・・とにかく余分な事は今年はしません。只、漠然と作業に集中するのみ、頑張りたいと思います。(拍手々・・・)
(写真・・・1970 BSA A65L Lightning 2017年度年末納車 京都府 U様 コチラ)


そして、松枝個人的な目標をひとつ・・・「今年は走ります・・・」 昨年は驚く事に何処にも走りに行きませんでした・・・(泣く)
以下、今年に行こうと目論んでいる所です。
・信州・・・・・・・嬬恋、八ヶ岳、蓼科、美ヶ原、乗鞍、(個人的に聖地、絶対行く)
・木曽・・・・・・・乗鞍、御嶽山、(心の拠り所、木曽馬に会いに行く)
・伊豆箱根・・・富士山含む(意外にも二輪車で走ったことない)
・九州・・・・・・・全域 (震災、水害、行くべきか?)
ひとつでも多く行けるように頑張りたいと思いますよ。
(写真・・・2012年に松枝がソロで走った御嶽山の麓です。)


で、「今年は走ってやろうじゃないの・・・」 密かにご立腹中。よって今年はプロダクションレーサーに戻します。先ずは最も大切なポジションづくり・・・密かに完了しました。そして次は外装、タンクとシートにホイールにと元に戻します。・・・まぁ、そんな事で同じ走るなら内容が無くてはイケナイ。久し振りに今年は「ドリャーっ!」と走りたいと思っております。

では、最後にまとめますと、

一番・・・「納車待ち、修理待ち車両の早期完成!」
二番・・・「信州、箱根、九州 走るぞっ!」


納車待ちの皆様、修理待ちの皆様、必ずや布引クォリティーのお届をお約束致します。その間、どうぞ耐えてくださいね。そして、少しでもお小遣い貯めて備えてくださいね。では、2018年度も布引クラシックスをよろしくお願いいたします。
2018.01.09 布引クラシックス 松枝
  

Posted by nunobiki_classics at 13:58Comments(0)お知らせその他

2018年01月05日

ストバイ188号布引クラシックス掲載頂いてます。


布引ファミリーの皆さん、ストバイ188号に「布引クラシックス」掲載して頂きましたよ。実は、昨年忙しくて今頃読みました!(笑)。


今回も・・・ん~っ・・・なるほど、フロント19インチホイールについて色々と書いてありますよ。
そうなんだよなぁ~・・・タイヤホイールの大きさ形状って本当はとっても大切な事なんだよ。その車体の個性を決めちゃってるメチャクチャ大事な要素なんだけど皆さん何も考えずに走ってる・・・そこ問題。その意味を知るって事で君達のマンネリ化した走りがガツーンと鋭くなる!・・・シャイーンッと曲がれるようになる!・・・段々と自信が湧いて来る!・・・これ本当です。で、そのきっかけとして必ずこの「ストバイ188号」買って読んでみましょう。今回のブログはそんな話しです。


わたくし松枝も掲載頂いています。・・・・・とりあえずね、今はカスタムバイクに始まる何でもありの時代、スタンダードに目を向けられない時代ですよ。しかしね、どんなにド派手な太いタイヤを入れてカッコウつけても、どんなに高性能なプロダクションレース用のタイヤを必死でマシン倒して膝擦って走っていても、結局は鉄のフレームに細いタイヤのついたモーターサイクルが自分のモノだったんだと気がつく時が来る・・・それも言いたかった訳です。


他にもYASさんのW3のオーバーホールとか楽しい内容になってますが、この「RSC」ってコーナー。皆さんに是非読んで欲しいコーナーなんです。(それにしてもSHIVAちゃんの格好、面白いね・・・)


これはその前回の187号ですね。ここからその「RSC」始まってました。読んでみましょう・・・(※・・・ここから余談。ところで布引ファミリーの皆さんはこのホンダのモンキー乗った事ありますか?この小さいバイク、侮っちゃいけませんよ。モンキーってのは小さいだけじゃないんです。モーターサイクルを操る魅力がモロに感じられる素晴らしいモーターサイクルなんです。表紙に出てだのでちょっと言ってしまいました・・・)


「RSC」・・・「リア・ステア・クラブ」 正直言って皆さんには壁のように立ちはだかる難しい話かもしれません。こんな亊考えてモーターサイクル走らせてる人が居たら、それは競技やってる者か業界関係者です(笑)。・・・これって一般人に分かるだろうか?・・・そう、私が若かりし頃サーキットで本能のままに只ガムシャラに走ってるだけで全く伸び悩んだ頃、こうした理屈的な話を習得して人生変わりました・・・すると、今まで見えなかったその先がどんどん見えて来る・・・何時も抜けなかったあの野郎のイン側を「ドリャー!」っと一発で抜けるようになる!何時もスロットルを戻してしまうダンロップ下の登りでも「オリャー!」っと耐えて耐えてその先デグナーのブラインドの壁にスパッと飛び込み余裕でかわせるようになる!・・・あれっ?話しが大きく脱線しました・・・まぁ・・・そうじゃなくて・・・皆さんも生まれ変わったかの如く思い切り走れるようになる!走りが断然楽しくなる!それは古い英国車でも変わらない事なんだっ!・・・そんな話しなんです。


オートバイの本当の姿とは・・・???


これ何の事か分かりますか?恐らく皆さん全く意味不明だと思います。


まさか、こんなことになってるなんてわかりませんよね・・・でも、本当はこうなってるんです。


次はこちら、前のタイヤと後ろのタイヤ、通ってるところが違うのか?


これも面白いですね。フロントホイールの大きさの違いで旋回する軌跡が変わってくる・・・教習所で乗ってたホンダのバイクと俺のトライアンフの何処が違う?何が違う?それぞれの走りの違いがもう分かるだろ?・・・


右側にあったブレーキペダルが左に変わって慣れちゃった皆さん。そこで終わっちゃ許さんぞ!頭使わなきゃイカンだろっ!


この絵・・・これ一番大事な絵、小さく書かれているけどこれって最も大切且つ有効な絵です。・・・そう、リアブレーキってのは停まる為だけのモノじゃない。車体の動きを安定させ制御出来る。意のままに操る技の多くがこのペダル一本に隠されている・・・よって、君の人生を明るいモノに替えてくれる魔法のペダルなんだぞっ、賢く使えば人生変わるんぞっ!皆さんが今最も必要とされるモノなのです。


「布引ファミリー諸君、見よ!このリアステアなモンキーの走りを! 皆さんはこれだけ後輪を意識して走ってますか?これだけ自分の後ろに意識を持って走ってますか?・・・そう、明日からは後ろだ!君達に足りないのは後ろへの意識だ!フロントで曲がるんじゃない、後輪の真上に座れ!後輪に乗れ!それがこれからの君達の走り方だっ!」 ・・・お分かりですね。

・・・と、今回も布引ファミリーの皆さんに是非とも読んで欲しいが為に個人的な感想書きました。 で、また春になった頃、皆さんとこうした話をしながら走りに行きたいなと考えてます。布引クラシックス社長松枝直伝の「クレバーな英国車の乗り方」 みたいな事やりたいと思ってますよ、では・・・     2018/01/05 布引クラシックス 松枝

ストバイの購入はコチラ
(※・・・そして、ストバイの皆さん、勝手な事書いてごめんなさいね。あくまで布引ファミリー向けの話なのでご了承ください。また、近くに来た時には遊びにいらしてください、待ってます。)


  

Posted by nunobiki_classics at 21:19Comments(0)お知らせその他

2017年11月26日

ストバイ185「車体に乗る」読みました。

ちょっと前の事ですが、「ストバイ185」を皆さんにも読んで欲しいので個人的な感想を書きました。是非ご覧ください。

「全国の布引ファミリー集合せよ!」
布引ファミリーたる者、ボケーッと愛車を走らせたりは致しませんね。愛車と自分自信が共に楽しく走る為にはどうすりゃ良いのか?・・・日々、自問自答しながら走り続けます・・・そんな布引ファミリーの皆さん、以前から読んでもらってるストバイがいよいよ面白くなってきましたよ。


「車体に乗る」 ク~ッこの言葉聞いて痺れました。皆さんは知りませんがわたくし松枝は10代から本気で全日空選手権目指してサーキット通いしてましたね。その立場から言いますと一般道でモーターサイクルに乗るって事をギュッと一言に集約するとこの「車体に乗る」って言葉になるのです。


この「右手とリアタイヤ・・・」 この言葉、もう答えを言ってるようなもの。素晴らしい言葉です。わたくし松枝流の考え方とは「スロットル1本でモーターサイクルは走らせるようなモノ」 それをあたかも表現したこの言葉・・・重いです・・・。(※・・・それだけスロットル操作は大事で、皆さんも改めてここに意識を置いて走って欲しいと言ってるのです。)


とにかく速く正しくモーターサイクルを走らせようとすると、この「エンジンを考えないパワーと車体との関係」に行き尽きます。そう、エンジンなんて感じてる暇などないのです。だがしかし、悲しいかな不要な要素の多い我が英国車ではエンジンがしゃしゃり出て来て車体に乗るって感覚が中々感じられない・・・ここが問題・・・


それでもやれば出来ます。先ずは沢山走って経験を積む事(とにかく君達ゃ走行距離少な過ぎます)、そして疑問を持つ事(自分で考えろ!)、そして楽しく走れるにはどうすればよいのか考える事(持ってる頭を使え!)・・・話はそれからです。(※・・・これから先言うと話長くなるので知りたい人は松枝に個別ツーリング申し込んでください。めっちゃ実技教えます。)


そして、次にはこんな誌面が・・・エンジンのレイアウトによる違いとか色々あります。これ大事ですよ。自分のエンジンがどうなのか?他のとどう違うのかを知っている事はとっても大事。貴方の走りが変わります・・・


そしてこれ、リジットサス乗ってるから関係ねーっなんて誤解もいいとこ。分かり易いし楽しい・・・この後輪の真上に乗るって楽しさはホンダのモンキーからチョッパー迄不変です。


そして、我が布引流英国車講座実技編の模様も掲載頂きました。参加の皆様お疲れ様でした、そしていつも掲載頂きストバイご両名感謝致しております(また、ごはん行きましょうね)。

最後にまとめます・・・

布引ファミリーに告ぐ!
・最近のストバイの記事は英車乗りである君達に必要な事が書いてあるんだぞっ!
・先ずはストバイ買って読め!
・そして、沢山沢山走れ!
・その後見えて来る何かにワクワクしろっ!


この冬はこれで行ってください。走って走って走りまくった後に何かが見えて来る・・・それが我々の言う春なんですよ・・・
2017.11.26 布引クラシックス 松枝

ストバイはコチラです!


  

Posted by nunobiki_classics at 13:38Comments(0)お知らせその他

2017年11月23日

国道173号線通行止めのお知らせ 布引クラシックス通常営業中!


台風21号により、現在国道173号線が土砂崩れの為に通行止めとなっています。


通行止め区間は、大阪府側の「能勢町天王交差点」から兵庫県側の「安田西交差点」です。布引クラシックスは丁度安田西交差点より数百メートルの通行禁止区間に当たります。写真のように通行禁止の看板が出ていますが、「安田西交差点」からは「途中まで行きたいのですが・・・」と警備の方に言えば通れます。「天王交差点」からは以下の迂回路を使用してください。また、現在開通の見込みは不明との事です。
また、行きたいけど行けない!って方は、090-8466-9959 まで連絡ください。よろしくお願い致します。2017.11.23 布引クラシックス 松枝


迂回路その1


迂回路その2

以下、兵庫県、大阪府による告知です。
https://web.pref.hyogo.lg.jp/tnk10/documents/173tuukoudomebira2.pdf

http://www.pref.osaka.lg.jp/ikedo/news/index.html
  

Posted by nunobiki_classics at 11:48Comments(0)お知らせその他

2017年10月09日

丹波篠山特産「黒大豆枝豆」今年も如何ですか?


今年も「黒大豆枝豆」の季節がやって参りましたよ。
毎年10月5日に解禁される「黒大豆枝豆」 県外の観光客の方々が解禁と同時に大挙押し寄せて買いに来られてます。しかし、それは全くの邪道!わたくし松枝の3年の経験からの分析結果を見てみましょう。

・10月初旬は、身の入りも悪く味も薄くまだまだ青い・・・
・10月中旬は、身もそこそこ、味もそこそこ・・・
・10月下旬は、身も一杯に入り、まるで栗のような甘みと旨味がめちゃ乗り正に旬っ!
・10月月末は、味は最高であるものの、中の薄皮が分厚くなり触感が悪くなる(→放っておくとお正月の黒豆になる)。

特徴・・・そして、生産農家の大西さんが丹精込めて育てた黒大豆枝豆は「オーガニック!」化学肥料は一切使わない有機栽培なんです。お年寄りやお子様にも安心ですね。

参考・・・今年は少し生育が遅い感じがするので、俄然20日以降が買い時です!
   10月初旬中旬に買った人は、本当の「黒大豆枝豆」の実力を味わっていないので注意せよ!


毎年布引クラシックスは利益なしのボランティア活動・・・今年は仕事が超忙しいので発送なんか出来ません。よって、今年は店頭にて販売します。欲しい人は是非店迄来てください。それなりの価値はありますよ。
※注・・・どうしても発送希望の方は送ります、こそっと連絡ください(極秘)・・・松枝まで

日時 10月20日(金)~22日(日)
午前11時~午後20時まで朝採れの「黒大豆枝豆」
価格 800円位の予想、多分それくらい。

電話予約賜ります。090-8466-9959 又は 079-557-1203、メールはinfo@nunobikiclassics.com 上記までよろしくお願い致します。松枝  

Posted by nunobiki_classics at 19:08Comments(0)お知らせその他

2017年07月03日

TRIUMPH RIOT の角君御一行様が再び来店してくれましたよ。


TRIUMPH RIOTを主催する角君。今日も布引クラシックスに寄ってくれましたよ。彼は合計4台のトライアンフを持ってるそう。本当にトライアンフが好きなんですね。そして彼は大の餃子好きだと判明!餃子なら絶対に人には教えない㊙の店を持ってるこの松枝。次に会う時には連れて行こうかどうか・・・ちょっと検討してみましょうかね。彼のブログはコチラ、インスタはコチラ


「AOZORA WORKS」のアキヒロ君、こともあろう事にトライアンフは1968のTR6C を買ってしまいましたよ!こりゃあーイケませんね、やっちまいました、許せんです。勿論塗装は自分の手で施したスペシャルペイント、イカシテマスなぁ。これからガンガン走ってくださいよ。彼のHPはコチラ


そして地元神戸の前田君。トライアンフのイベントとか頑張ってるそうですね。以前はゴールドスターで来てくれましたね。今日はリアの19インチホイールのイカシタトラでやって来ました。地元ですから、また一緒に走りましょうよ。彼のブログはコチラ


来て早々、電装系が調子悪いんだと・・・手に持っているのは交換したルーカス社製のツェナーダイオード。これで東京まで帰れる!自信持って走ろうね。TRIUMPH RIOTのスタッフでもある東京の滋野君、これからはツェナ君と呼びたいな。


そして大トリはTRIUMPH RIOTのスタッフでもあるチョッパー野郎の吉村君だっけ(超あいまい今度教えて!)。豪快な笑顔が素敵ですね。しかし布引クラシックスらしくないこの本物のチョッパー!松枝は興味津々、いろんなとこを観察、今日は大変勉強させてもらいましたよ。


今日のメンバーです。カスタムバイク大集合、まるでよその店のよう。しかし、そこいらの英国車かぶれの連中よりも百倍根性入った英国車乗り達・・・英車が好きだと口だけで言ってるへなちょこ野郎にこの連中の情熱を伝えてやりたい!ガンガン走る彼らこそ、本当にトライアンフを語る資格があるんじゃないかな・・・そんなことを感じた一日でした。次は7th TRIUMPH RIOT 山中湖で会いましょうね!布引クラシックス 松枝
  

Posted by nunobiki_classics at 19:19Comments(2)お知らせその他

2017年05月30日

只今、ホームページ更新停止中です!?


只今、ホームページにトラブル発生し更新中断しています。この機会に現在リニューアル作業中!ご迷惑をお掛けしますが何卒よろしくお願いします。その間、このオフィシャルブログやFacebookにて情報アップしています。引き続きよろしくお願いします。松枝  

Posted by nunobiki_classics at 20:48Comments(0)お知らせその他

2017年04月26日

小春日和の下、お友達が訪ねてくれましたよ!


TRIUMPH RIOT の角君が皆さんを連れて遊びに来てくれました!


彼が角君。今年の4月16日に山中湖で開催した「TRIUMPH RIOT」を主催。布引クラシックスも若干の協賛品を提供させていただきました。当日は、最高の天候で大成功だったそうで良かったです。・・・今日感じたんですがね、彼はえらいですよ、オイル交換500キロ毎にやってますって!うちの顧客もこんな人多いのですが他で聞いた事ない。松枝めちゃくちゃ気に入りました。「他のバイク乗り見習えよ!」そう言いたいですね。角君のブログはコチラ


続いて1957 T100の神戸の朱チャン。彼はブリティッシュランを主催している(のかな?)。関西のみならず全国走り廻っているようですよ。彼は神戸のあそこだから私とお隣りのご近所さんです。ふらっとブリティッシュランに参加した時にはよろしくお願いしますよ!朱チャンのブログはコチラ


お次、ファッショナブルな彼はフトシ君。西脇市でバーガークレイジーと言うハンバーガーショップをやってるそうですよ。東京で修行しての開業、実に美味そうですね。今度お客さんとツーリングに予定しましょう。その時はよろしくです!バーガークレイジーさんのH.P.はコチラ


そして、ペイントショップをやってる淡河のアキヒロ君。やれた感じのペイントがウリですね。一見モノ静かな彼ですが、中々の凝り性&頑張り屋さんだと見ましたよ。


近づいてみるとこんな感じ。興味ある人多いんじゃないですか?AOZORA WORKSさんのH.P.はコチラですよ!


そして、あたらしいトライアンフのスクランブラーかな?クルマやバイクにコーティングの店を西宮でやってる西宮の横チャン。T140かなんかのタンク着いてますね。私も芦屋なので地元の同志、親近感沸きます。実は4輪車も好きなので遊びに行きたいなと思いますよ。セラミックプロさんのH.P.はコチラ


やはり、最後はこのツーショットでしょうか。このふたり結構イカレテますね。今どきのイイ感じというやつでしょうか・・・!?また、皆さん是非遊びに来てくださいよ、お待ちしてます!

※このように、布引クラシックスはモーターサイクルに熱い想いを抱いているショップの方や一般の方の来訪をウエルカムしています。わたくし松枝と話したいなと思う人は是非気軽に遊びにいらして下さいね、では・・・(090-8466-9959アポくださいよ!)  

Posted by nunobiki_classics at 21:57Comments(4)お知らせその他

2017年03月26日

ストリート&バイカーズNO.184 掲載して頂きました!


ストバイNO.184 5月号発売です!今回は「いま欲しいのは"こなれ感"」・・・段々と難しい方向に行ってる気がしますが「こなれ感ってなんだ?...」 で、松枝は皆さんに言います。「布引クラシックスのオーナー諸君+α、関係ないんじゃないんですよ!皆さんに最低限度必要な事が書いてあるんですよ!」 是非、今月号買ってお勉強致しましょう!ストバイの購入はコチラ!


で、今回も取材して頂きました。ギアがどうのこうのと書いてあります。本人の記事を本人が読んで「こんな事言ったのか?フムフム・・・」みたいな...いつも精力的な取材、感謝してますよ!


次に、「布引流英国車講座実技編」の様子も載せて頂きました。布引クラシックスではビギナー対象にこんな事やってますなんて紹介頂いていますよ。参加頂いた愛媛のО氏、謎の女Aさん、パティシエLさん、ありがとうございました!内容はコチラ


そして、私の仕上げた車両にお乗りのオーナーの方2名、プロダクションレーサーの氷見氏にトロフィーの中野氏も格好良く載せて頂きましたよ!本人以上に松枝も嬉しいっすよ!氷見氏のプロダクションレーサーの記録はコチラ、その1その2その3最終回。中野氏のトロフィーの記録はコチラ、その1その2
ストバイ編集部の皆さんお疲れ様です、また次号も面白い内容期待していますよ。ご一緒にモーターサイクル業界盛り上げて行きましょうね!松枝
  

Posted by nunobiki_classics at 20:03Comments(0)お知らせその他

2017年03月21日

イベントのお知らせです。4月に山中湖です! 6th TRIUMPH RIOT


4月16日午前10時よりトライアンフのイベント 「 6th TRIUMPH RIOT」 ありますよ。場所は山梨県は山中湖、新東名飛ばして行きますか?皆さんも是非参加しては如何でしょうか?「行きますっ!」って方、松枝まで連絡ください。また、事務所にフライヤー届いてますので遊びに来てくださいね!松枝  
詳しくはコチラ「 6th TRIUMPH RIOT」を御覧ください。  

Posted by nunobiki_classics at 22:10Comments(2)お知らせその他

2017年02月05日

ストバイ3月号発売してますよ!


寒い冬は本を買って自宅で読んでみては如何ですか?
「ノームコア」ってところではメグロ、カワサキのWの特集やってます。英国車党の皆さん、一度読んでみてください。「バイクに国境なんて無えぜっ!」 ね、楽しさなんて国が違っても不変なのです。布引流英国車上級者である皆さんなら分かるはずですよね。
そして、松枝個人的に最も気に入ったのが「タイヤができるまで」コレめっちゃ面白いです。皆さんタイヤタイヤと軽く言いますけどこんなに深さがあるなんて超おススメですよ!
ストバイの購入はコチラから!  

Posted by nunobiki_classics at 20:38Comments(0)お知らせその他

2017年01月22日

この春から英国車に乗ってみませんか?

布引クラシックスでは、「安心の英国車」を販売しています。それは「裏表のない仕事」、絶対に知らぬ存ぜぬとは申しません。折角お越し下さる皆さんを裏切るような事はしない・・・それが布引クラシックスのモットーです。そんな中、この春に乗れる英国車を2台ご紹介したいと思います・・・


1973 NORTON COMMANDO 850 Interstate Mk1A
1970年代に入ると各メーカー共、パワー競争時代に突入。ノートンコマンドも750から850へと拡大しメードインジャパンにイタリアドイツ勢を迎え撃ちます。太いサウンドとトルク感、走る事の喜びを大いに実感できる850。布引クラシックス松枝お薦めの一台です。詳しくはコチラ


1966 TRIUMPH 6TA THUNDERBIRD
エンジン、車体共に快調な650サンダーバードです。もちろん長距離ツーリングもお手のもの、走る事が好きな方、遠くに行く事が大好きな貴方、この機会に是非ご検討ください。詳しくはコチラ


1975 NORTON COMMANDO 850 MarkⅢ フルレストア車
こちらはフルレストア車両製作中のご案内です。1975年に登場した左シフトペダルにセルモーター装備のノートンコマンドファイナルモデルです。英国車の魅力は足で始動する事!「セルモーターなんて・・・」偉そうに言う輩も居る事は居ます。しかし、乗ってみると「これってイイじゃん!」乗った者にしか知り得ない魅力有るスーパーマシン。そして「足に怪我をしていて・・・めっちゃ体重軽いんです・・・」 他人には分からない事情をお持ちの方も居ます。ですから、「何も恥ずかしがる事など無い!スターターモーターに左シフトを堂々と使うんだっ!」長年英国車に携わる布引クラシックスが貴方の背中を押させて頂きますよ!是非ご検討ください。(この車両は春には間に合いません・・・)詳しくはコチラ

お薦めします!
如何ですか?今の乗られている皆さんの愛車もそれはそれは良いと思います。我が英国製のモーターサイクル達とは、皆さんの大好きな現行車や今流行のバイクに較べたら幾分地味かもしれません。しかし、人には言わずも自分の生き方に誇りを持って生きている皆さん達。これから乗るバイクがどんなモノであるのか一度考えてみては如何ですか?華奢な車体に細過ぎるタイヤ・・・全く吸収しないでたらめなサスペンション・・・650㏄しかない古臭いOHVツインエンジン・・・しかし、モーターサイクルの本場欧米では、こんなモーターサイクルを今でも愛して止まない・・・その意味を体験してからでも遅くはないと思う訳です・・・どうぞ、今一度英国製モーターサイクルをご検討ください。2017.01.22 布引クラシックス 松枝
問合せは以下です。お気軽に・・・
電話079-557-1203
携帯090-8466-9959
メール info@nunobikiclassics.com  

Posted by nunobiki_classics at 17:52Comments(2)お知らせその他

2016年11月30日

ストリート&バイカーズ1月号発売ですよ!

布引クラシックス お客様各位 ストバイ出ましたので買ってください
お得な定期購読に素敵な特典がついているようですよ・・・注文はコチラ


今回の1月号は新車のトライアンフT100を取り上げているようです。ちょっと前に私がストバイの編集部に遊びに行った時、見せてもらいましたが中々の仕上がりでした。新車のトライアンフを狙っている方には「いいよ!」と背中を叩いてあげますよ。(うちでは売ってませんので・・・)


で、今回も走りのいろいろを解説されてます。皆さんも、もう良い大人なんだから只走ってるってのはもう止めましょう。こうした文献をいろいろと読んで少しで良いから賢い走り出来るようになりましょうよ。


まぁここの編集部は熱いですから!良く読んでみると面白い内容になってます。今度うちの店で「ストバイ出張バイク談義部屋!」みたいのやってもらおうかしら。そして皆さん、気が付けばもう今年も終わり。今度の正月にはこのストバイ1月号買ってじっくり読んでみるってのは如何でしょうか?・・・松枝  

Posted by nunobiki_classics at 20:48Comments(0)お知らせその他

2016年07月23日

ストリート&バイカーズ 9月号発売です!


今回の特集はThe「鍛錬」ですって。根性論好きの私には興味そそられる企画ですね。普段何も考えずに走っている皆さんも少し考えて走ってみてはどうですか?それにはこの特集イイんじゃないでしょうか(未だ見てませんが)。


私も知りませんでしたが、うちも出ているようですね。5月22日に「布引流英国車講座実技編」をやったアレ。(布引流英国車講座はコチラ)どんな事書いてあるのか興味深々ですが、当日講座に参加した方も、参加出来なかった方も是非読んでみては如何でしょうか?では・・・松枝
ストバイの購入はコチラです!  

Posted by nunobiki_classics at 12:44Comments(0)お知らせその他

2016年05月25日

ストリート&バイカーズ 最新号載ってます!


ストバイの最新号に布引クラシックス松枝載ってます。


工場でクランクシャフトを持つ 「男松枝」 です・・・


事務所の中も写ってます・・・芝原さんいつもありがとう!

更にバックナンバーにも「英車の真髄」として記事あります。皆さん是非捜して購入してください。
布引クラシックスの顧客たる者、必読して当然でありますよ!
購入はコチラ  

Posted by nunobiki_classics at 16:17Comments(0)お知らせその他

2015年09月26日

STREET & BIKERS 11月号に掲載されてます!


紹介された車両の3台は以下です。
皆さん必ず書店等で購入して読んでください、宜しくお願いします!



TRIUMPH TR6 TROPY SPECIAL 
オーナー大阪府堺市 М氏   過去のレストア作業はコチラ   試運転の模様はコチラ


1966 TRIUMPH 6TA THUNDERBIRD
オーナー 京都市 T氏  過去の作業の様子はコチラ
Facebook 「がんばれ鶴岡さん!」その1その2その3最終回 ご覧下さい!



1960 TRIUMPH TR6 
オーナー 神戸市 N氏
過去のレストアはコチラ  過去の納車整備はコチラ


オーナーの御三名の方々、ご協力ありがとうございました。
ストバイの安田さん、芝原さん お疲れ様でした。また店に寄って下さいよ!松枝  

Posted by nunobiki_classics at 15:06Comments(0)お知らせその他

2012年08月03日

モーターサイクルクラシックス vol.007 発売です。

雑誌モータサイクルクラシックスvol.007 発刊されました。
121ページのショップガイドに いつものように当店が小さく紹介されています。是非ご覧ください!
http://the-motorcycle-classics.com/
http://www.facebook.com/TheMotorcycleClassics
  

Posted by nunobiki_classics at 12:31Comments(0)お知らせその他

2011年07月08日

布引クラシックスです。慣れぬブログを書けと言うけれど・・・




妥協を許さない男の英国車専門店 布引クラシックス 社長の松枝です。
高品質に仕上げたオールドブリティッシュモーターサイクルズを製作販売しております。
私の仕事に興味のある方、お待ちしております・・・・  

Posted by nunobiki_classics at 15:08お知らせその他