2016年07月13日

布引流英国車購入ガイド 「ブルジョア倶楽部」


布引クラシックスでの英国車の購入方法をご紹介します。
当店では「英国車など買うべきではない!」そうお勧めしています。コチラ で、その結果「やーめた、俺には無理だわ・・・」それが正解です。それでも忘れたはずの英国車が浮かんでくる「トットライアンフ・・・欲しい・・・」未練を断ち切れない貴方、「何と言われても買うんだ!俺は本気なんだっ!」と熱い君。どちらの方も先ずは「布引流英国車講座」を読んだ上で布引クラシックスの扉を叩きましょう。 
電話079-557-1203 携帯090-8466-9959松枝 メール info@nunobikiclassics.com

・布引流英国車講座ビギナー編「君も英国車に乗ってみないか?」コチラ
・布引流英国車講座中級者編「英国車は素敵なパートナー!」コチラ
・布引流英国車講座上級者編「走る事に重きを置く英国車上級者たれ!」コチラ


そして、商談です。話を聞くのはわたくし松枝です。皆さんの夢を真面目に聞きます。メーカー?モデル?年式?・・・皆さんの勝手な理想を述べましょう・・・。布引クラシックスは普通の店とは違います。どう見ても乗りこなせない者には「君には無理だ帰れ!」遠慮なく言ってくれます。そして行けると判断したら 「よしっ、任せろ!俺について来い‼」 布引クラシックス松枝の名にかけて意地でも皆さんを夢の英国車ライフへと誘います。


しかし、英国車とは製造から半世紀も経っています。何度も言いますが10台有れば10台とも壊れてます。それでも堂々と店頭の真ん中に展示されます、しかも高額で!ここが問題です。価格が高いからと安心だなんて思うのはド素人の典型です。
アドバイス・・・自分で分からないモノには絶対に手を出すなっ!


「古い英国車なんて怖くて乗れないよ…」これが普通の見解。そこで布引クラシックスではこうした風潮を打破する為に徹底した整備を施しています。個々の車両に応じて必要な作業を的確に実施。どんな作業をしたのか?どうやって作業したのか?作業者である松枝自ら記録や交換部品を使い皆さんにお示し致します。更に、クランクシャフトなど重要な箇所の分解作業の場合、可能な限り工場に来てもらうようにしています。ご自分のエンジンの中を知る事はとっても大切な事・・・「愛車の事がすっごく理解出来るようになったぞ!」 真の英国車乗りの入り口です。(遠方の方は写真を送付してます。)
アドバイス・・・信じる者ほど騙される。引き返せ!今直ぐディーラーさんへ行こう!


因みに皆さんの大切や愛車を整備するのはこちらの工場です。そこいらの店と較べてもらっちゃぁ困ります。19才でプロの整備士としてデビューしてから早36年「妥協を許さない男の英国車専門店」として恥ずかしくない戦闘能力を備えます。

そして当店で最も要望の多いこのクラス。「どうせ買うなら完璧なモノを手にしたい!他の連中には負けたくない!」それが人間の性。男なら上質を極めて当然です。布引クラシックスでは、そのような高い要求にも余裕で応えるべくエンジン、車体、電装系にと妥協を許さず完璧に仕上た車両を 「布引クラシックス ブルジョア仕様」 と呼んでいます。ここで「布引クラシックス ブルジョア倶楽部」の皆さんを御紹介致しましょう。 ※低予算の方はコチラをご覧ください。


これは昨年末に納車した大阪の中さんです。かれは1966年製のTR6SR トロフィーを布引クラシックスで購入頂きました。工場に来てもらいクランクシャフトを持って「どうだい?こんなに重いモノがブン廻っているんだよ。」「へーなるほど・・・」そうやって実体験してもらいました。そして、自分のエンジンカバーを軍手をはめて磨いてもらいましたよ。


原付にも乗らずいきなりトライアンフを注文に来た大阪の中さん。超ビギナーだからこそ間違いのないモノを提供しなければならない!レベルの低い乗り手には逆に完成度の高い車両を、外観よりも先ずは機関を徹底的に整備する、それがビギナーへの鉄則。今では大端にも(何も考えてない?)いろんな所へお出掛けされてますよ!詳しくはコチラ


こちらは神戸市の中野さん、立派な社会人。彼に納車したトロフィーは美しく気品に満ちたプリユニットモデル。社会的立場のある彼には間違いのないモノを提供したい!何処に出掛けても走れる、使えるプリユニットモデルとしましたよ。


結構変わり種のバイクを乗り継いで来た中野さん。初の英国車でも、こうして私とランデブー走行、上手にライディングされてます。その後も直ぐに乗りこなし今ではプリユニットモデルの奥の深さを満喫されいいますよ。詳しくはコチラ

ワッシャーのひとつにまで高品質な作業を施した大阪堺は松山氏のトロフィースペシャル。只のトラだと思ったら大間違いです。一度街で見かけたらどうぞご覧ください。「いいねー!」皆さん言ってくれます。そんな松山氏も若き20才の頃「トロフィーください!」ドアを開けるや否や言いました。そして「松枝さん、今北海道走ってます!」突然電話をくれます。常にフルスロットルの松山氏、ガンガン走ればガンガン壊れる!エンジンのオーバーホールなど幾多の修繕を繰り返しトライアンフと共に人生を歩みました。


「トロフィーがあるだけで燃えたっ!」情熱に満ちた若かりし頃です・・・しかし大人になった今 「走るだけじゃ満足デキンッ!何処に出しても恥ずかしくないモノにしてやるっ!」 それは正に「トロフィー愛」 妥協無きフルレストア作業を敢行。今では中身も外観も美しく輝くトロフィースペシャル、使うには気が引けるようになっても遠慮なく使いまくる「ふんっ、走らな、意味ないやろ…」 正に男松山「カッケーマツヤマサン!」、正にトラ乗りの鏡ですね。作業はコチラ、試運転はコチラ


次はこちら、西宮市苦楽園の氷見氏テマエ。(後ろで腕を組んでるは松山氏、余裕の表情・・・)彼の場合は大人買いです。気に入ったモノがあれば即購入!「小切手切るから納車しといてね・・・」ベンツの運転席から携帯電話一本で済みます。


そんな彼でもモノへのこだわりは凄いです。このプロダクションレーサーも徹底的にこだわりました。そこいらに居る「なんちゃってプロダクションレーサー」など屁でもありません。美しい!質感高い!格好良い!お金持ちのお偉い方にはそれに見合うレベルの英国車を用意します。以前に購入頂いたトライアンフコチラで軽快な走りを楽しみ、重厚な加速感をコマンドで味わう。気分によってマシンを使い分け。・・・正に贅沢三昧とは、この事を言います。最も簡単にプロダクションレーサーと言ってくれますが正直皆さんには買えない程高額です。「悔しけりゃ、払えるようになってからモノを言ってごらんなさい・・・フンッ!」これがブルジョワ人!数百万円でも小切手一枚、超理想の大人買いです!?作業はその1その2その3 試運転はコチラ


布引クオリティー 高品質仕様の車両本体価格
価格はそれぞれ個体に寄って変わりますが、おおよそ650クラスで185万円~、フルレストア車両では250万円~が一般的です。何れも検査登録諸費用の15万円と消費税が別途必要になります、ご注意ください。  ※低価格車両を希望の方は「布引クラシックスお手軽倶楽部」コチラ


お支払いについて
現金払い・・・・・・・・・・・現金で払える人は問題なしです。支払いの時期等を説明します。
当店のオートローン・・・運転免許証、銀行届出印を持参してください。
その他・・・・・・・・・・・・・皆さんご利用の銀行ローンも可。必要な書類を作成します。


在庫のある車両は、納車整備、検査登録作業を経て納車します。海外から取り寄せる場合は、当店が最後まで責任を持ってお届けします。詳しくは「布引流英国車直輸入ガイド」
ご理解頂けましたか?結論的に言うと壊れる古い機械に大金を叩いて成り立つ世界。故障してもまた故障、熱い、辛い、しんどい・・・なにひとつ快適なんて言葉は見つかりません。 「そんなモノに大金叩いて馬鹿じゃないのっ!」奥さまや彼女に言われます。故障しても故障しても絶対に負けないだけのど根性。お小遣い節約して愛車のメンテナンス代に充てている貧相な毎日。人生の真ん中に位置しなければとても維持はできません。「ちょっと興味あるかな・・・?」とか「雑誌見てカッコイイじゃん・・・」程度では全く持って無理。「俺はコイツが居なけりゃ生きてヶネ―ッ!」ちょっと乗らなきゃ禁断症状が出る「ウッゥゥ・・・・トラに乗りてぇーっ!」これが英国車乗りへの絶対条件です。


で、やはり皆さんは今の新車が良いと思い返した事でしょう。新車ならエンジンはずっと快調です。トラブルとはガス欠とバッテリー上がり位、プラグすら見る事も有りません。廻りの友人とも角が立たない、新車のボンネヴィルとかスポーツスターとかホンダにヤマハ・・・それが本当に皆さんには良いと思います。アドバイス・・・バイク買うならディーラーさんが一番!買って文句の言える新車を買おうっ!


では最後にそんなポンコツに私達が何故乗るのか?
それは紛れもなく サウンド・・・バイブレーション・・・クオリティー・・・軽快性・・・加速感・・・持っている事への幸福感・・・
 「ズバッズバッズバッズバッズバッ・・・・ズバッズバッズバッズバッズバッ・・・」 
ハーレーでもない、イタリア車でもない、勿論ジャパニーズでもないサウンド…大き過ぎず、小さ過ぎす、ずっと長く付き合える上品な音…そして美しいブリティッシュバイブレーションが心を揺さぶる…英国車は今流行りのバイクとは違い軽量で取回しがとっても楽!軽さゆえの軽快なコーナーリングの楽しさ…ハンドルとフレームとエンジンだけのシンプルな構成…そこから湧きだす感動の世界…「あーっ…た・ま・ら・ん…」
冒険を知らない皆さん、何でもスムーズに生きようとする皆さん、挑戦する気すらない皆さん。トラぶったからって一体どうしたと言うんですか?人生をも変える感動を手中に納められる事に較べたらほんの些細な事。英国車とは、皆さんのように壊れる事位に恐れをなしているお上品なお坊っちゃまライダーが嗜む代物では無いのです。


結局、私達が乗るその理由とは・・・「この魅力は古い英国車にしか無いんだっ!」 と言う事。他のどのバイクにも代えられない。他のどの年代にも代えられない。結局は乗った者にしか分からない唯一無二の存在だと言う事なのです…。
 2016年2月10日 布引クラシックス 松枝




同じカテゴリー(業務内容のご案内)の記事画像
布引クラシックス一般修理受付の御案内
エコノミーで行こう!「布引クラシックスお手軽倶楽部」の御案内
布引流英国車直輸入のご案内
同じカテゴリー(業務内容のご案内)の記事
 布引クラシックス一般修理受付の御案内 (2016-10-10 13:57)
 エコノミーで行こう!「布引クラシックスお手軽倶楽部」の御案内 (2016-09-29 16:56)
 布引流英国車直輸入のご案内 (2016-02-14 15:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。