2017年04月05日

1964 TRIUMPH T120R BONNEVILLE レストア作業報告


これからの高速化時代を見据え、プリユニットモデルに見切りをつけたトライアンフ社はニューモデルへと舵を切る...時に1963年、エンジンを一体化したいわゆる「ユニット650」の誕生だ。一見順風満帆に見えるその門出とは?更に現代に於いて意味するものとは?・・・皆さんと共に見て行こう…


ある日、美しい女性を携えてひとりの好青年が事務所を訪ねてくれた。私好みな差し入れを手に 「アーリーユニットに乗りたいんですけど…」  潤沢な資金が無ければ話しは受けないよ…との私の話に理解を示し、彼は目一杯の資金を確保してくれた。


後に現地のバイヤーから連絡が入り即決した。現存数の極端に少ない1964モデルに悩んでいる暇などない。市場に出回る事すら珍しい個体を先ずは押さえる事。それがアーリーユニット650のセオリーだ。


現地でのこの車体は評価は「Great Condition!」、こちらで言うところの「極上車」だ。それでもこうして分解する。


この世界では他人の評価を鵜呑みには出来ない。フロントフォークのシールホルダー内部を覗く…この絵の意味が分かるだろうか?


フォークを一旦沈めると上がらないのはそれだけが原因じゃない・・・サイズの合わないブッシュを強引にかち込んである亊にもよる。丁度のサイズに削ってやる。


只、古いモーターサイクルのサスペンションに現行車の様な精度を求める事はナンセンスだ。車体全体として全く面白味の無いモノになってしまう。精度の低さ、作動性の悪さ…そうしたものが相まってクラシックモーターサイクルの味を醸し出す。


最早、レストレーションではステンレス製のスポークに替える事が定石となった。けれど出来る事なら当時のモノを後世へと継承したい。赤く輝くステンレスよりも剥げた亜鉛鍍金の強烈な凄みを知るべきだ。


リムも同様に一旦分解しきれいに点検洗浄する。ここで注意すべき点はみだらに再メッキを掛けない事だ。少しの傷や薄くなった表面に神経質になるよりも、ずっと使われて来たその表情を時代の粋として受け止める事の方が大切な事なんだと知らなきゃ一人前とは言えないよ。


ミドルに使う年式違いのドラムを元のモノに戻してやる。今回は幸いにも当時モノのドラムが手に入った。それも新品だなんて笑ってしまった。


私が嬉しいのはベアリングについた当時のグリスだ。「おーっ!50年前のグリスかっ!・・・」一度も路上を走る事なく変質する、当然の事ながら潤滑材としては使えないけれど、運んで来てくれた当時の空気感だけで一日幸せになれたんだ…


次はエンジンだ。全てを剥ぎ取り内部を確認する。まぁいろいろ有るのは致し方ないが、なんの不具合も無ければ有難いと思うのが本音だ。


しかし、トライアンフのケースは良く割れる。薄い肉厚だからこうしてクラックが入る。更にこのエンジンの場合、殆どに亀裂に欠損がある。全てのメネジを手直しするなんて、こりぁ大変なんだよ…


頑固に外れないカバーを取り外すと以前に何処かで直した跡がある。左2本、明後日の方向を向いているスタッドボルトに遭遇した時、皆さんなら一体どうする?…


このヘリサートの立て方ではこの穴はもう使えない。一旦削り取りアルゴン溶接で肉盛りする。それも出来るだけ外部から修復の跡が見えないように心掛ける…


そして、エンドミルで面を慎重に削り取り・・・


慎重に確認した位置に下穴を開けた後、ヘリサート用のタップでネジ切りを行う。何れの場合も直角と強度の確保がポイントだ。


先の写真と比べて欲しい、スパッと角度が出ているのが分かるだろう。今やどこでもヘリサート加工をやる時代だが、作業者によるレベルの違いが有ると知るべきだ…


その上で体裁の良さにも配慮する。こうしたボルトナットの類を総じてファスナーと言うが、こうしたモノこそが質の高い整備に配慮すべきモノ。ステンレス製に交換されたエンジンはそりゃぁ輝き美しいだろう。しかし、古い亜鉛鍍金の残るナットで組まれたエンジンを作る事は、本来私が目指すべき道なんだ。


オイルラインを洗浄しバランスを取る。シェルは慎重に選択しメインベアリングも万全を期す。トラらしくガツーンと廻ればそれでいい?・・・そんな低次元な話しとはさよならだ。ユニット650としては古典的な廻り方をするこの時代のクランクがアーリーユニット650の粋なんだ。


インレット、エキゾースト、双方のカムにタペットも完璧に仕上げる。互いの接触面は美しく輝き、これからの長き使用に絶対的な安心感を与える。ここはこうしたエンジンの肝に当たる場所。エンジンの寿命にも大きな影響を与える大切な部分だと言っておく。


トラのヘッド廻りは弱くヘタリが早い。四つのガイドを交換しシートカットを施す。バルブステムとの擦れ具合も強過ぎず軽過ぎず丁度の塩梅に持っていく。更にシートの当たり幅にもきちっとさじ加減を決める。


ピストンは新しく、各クリアランスも私なりのさじ加減だ。この辺りの値を軽く見てはいけない。二つしかないロングストロークエンジンではその違いがてき面に出るから尚更のこと自分の値を持つべきだ。


重い鋳鉄製のシリンダーに銅製のヘッドガスケット・・・性能よりも絵柄を重視する事もある。それは絶対に外せない英国車の粋だからだ。


この時代のシフト操作とはトライアンフを語る上で特徴的で、その意味を知るべきだ。「必ず理解して走るべし!頭を使って走るべし!」それがトラ使いへの第一歩だ。


キャブレターは、1964から389となる。このモノブロックキャブは1964年製造当時のモノだ。それはそれは調子が悪かった。黒煙を吹きスパークプラグは黒くエンジンの始動も困難、アンチモン製のボディーは当然の如く既に寿命が過ぎている。「クッソー意地でも直してやるっ!」こうなったら根性論だ。


そして、快調になったキャブのフロートチャンパーに着く3個のスクリューは当時レーシングとしてオプション設定されたモノ。で、このワイヤーロックを見て欲しい。現代では2本を撚線にしてクルクル巻いて使う。けれど私はここをわざわざシングルで巻いている・・・なぜか?そう、これが時代の風情。この頼りない景色こそモノブロックの粋なんだ。(因みにこのベロシティスタックはオーナーからのリクエストだ。)


ここで1964の特徴的な箇所を解説しよう。これはリアのブレーキのロッド廻り。これがリアのショックアブソーバーの外を通るのは1963と1964だけのモノ。後のモデルはずっと内側を通るけど、それでもこれが格好良いと言い切って欲しいんだな。


この一番下のステイは先代から続くスタンドの機能を兼ねるもの。要するにダートを走る時代だからパンクが多い。すると中央のナットを緩めるとこのステイがタイヤを浮かせるスタンドに早変わり。これも1964で最後となる。こうした事も知っておくと楽しくなる。


これはご存知スミス社製の通称グレイフェイス。今までクロノで見辛いものが「ズーーンッ!・・・」と連続的な動きになり評判は上々。ユニット650での元年が1964年だと知っておこう。


1964ではこのシンプルでスリムなスロットルラバーが正式だ。そして、そのスロットルホルダーはアマル社製で開度は90度となる。これが運転操作を難しくしている。緩慢なモノブロックキャブレターを微調整しながら走らせるのには90度は狭すぎる。「スロットル操作が大切なんだよっ!」とウダウダ言う私の真意がここにあるんだ。


なんだかんだと時間を要し1964ボンネヴィルは完成した。電装系統を含め多くの作業を経て完成した。程度の良いモノが極端に少ないグリルドバッヂモデルに簡単に手を出すな。下手なプリユニットモデルよりも資金が必要なんだと皆さんには言っておきたい。そして各部を点検し明日はいよいよ試運転だ。


「ザッバー・・・シュワシュワシュワ・・・」新規検査に登録を済ませ、さらりと試運転に出掛けた。ここは私の大好きな丹後半島。何時訪ねても清々しい気持ちにさせてくれる私の心のよりどころだ・・・


そして納車の朝、彼にいろいろと説明して昼からいよいよエンジン始動だ。
「こうやって、ああやって・・・」 そして 「ズッバババーーァン!・・・バッバッバッバッバッ・・・」 順調な滑り出しだ。


二人でタンデム走行してある場所まで移動する。走りながら「シフト操作はこうして・・・ここが大事だから・・・」 彼は後ろから私の操作を見て 「フムフム・・・」 そして、着いたらスパルタ教育だ。「走れっ!・・・もっとスロットル開けろっ!・・・」


「結構、難しいなぁ…」とか言うから、とにかく走らせた。「ズバッバッバッバッ・・・チャッ・・・ズバッバッバッバッ・・・」暫くすると慣れて来て結構開けて走っている。サウンドが廻りの景色にこだまして結構いい音してんだ。「大丈夫だ、彼は上手になる・・・」


そして、彼がオーナーのI氏だ。感じの良い好青年。カワサキの650からの乗り換えだと言う。それにしても時間がかかってしまった。待つ者の身になればそれは苦痛だったはずだ。この場を借りてお詫びしたいと思う・・・更に今回は予算的に是非ともやりたかったペイント作業には手を付けられなかった。また、少しずつ費用を捻出してもらい依頼して欲しい。


外からは分からない状態の悪さはクロスバッヂモデルの常だ。しかし、今回この車体は誰にも負けない高品質なモノになった。その自負を抱いて大いに英国車ライフを楽しむ事が大事だ。


更に彼に頼みたい事は遠慮せずガンガンに走って欲しいという亊だ。トライアンフとはヨロヨロ走っちゃいけない、ガツーンと廻す性格のモノなんだ。こうしてコーナーを立ち上がる時「ズバッバッバッバッバッ・・・チヤッ・・・ズバッバッバッバッバッ・・・」っと90度のスロットルホルダーをじんわりと廻しながらも大胆に開けて行けーっ!・・・それがユニット650の正しい使い方なんだ。


そして、同時に愛車を労わっても欲しい。ガツーンと走った後には洗車バケツをもって丁寧に洗ってやって欲しい。鉄で出来た1964年製の機械は手入れをしなきゃ生きていけない。これからこのボンネヴィルが生きるも死ぬもオーナーの手入れ次第。どこに行っても「きれいだねー!格好いいねー!」と言われる事がこれからの君の務めだ。彼がこれから10年20年と年輪を刻んで行ってもそこには何時もこの1964年製のボンネヴィルが・・・そっと佇んでいて欲しいんだ・・・

2017/4/5 布引クラシックス 松枝

試運転の詳細
一般道走行距離・・・・・・316.1km
高速道路走行距離・・・・・20.9km
総走行距離数・・・・・・・・337.0km
使用ガソリン量・・・・・・・・・11.8L
燃費・・・・・・・・・・・・・・・・・・28.5km/L





#TRIUMPH,#BSA,#NORTON,#BRITISH MOTORCYCLE,#BONNEVILLE,#T120R,

同じカテゴリー(作業報告 トライアンフ編)の記事画像
1966 TRIUMPH 6TA Thunderbird 納車記録 東京都M様
1965 TRIUMPH TR6SR 修理記録 三重県津市 K様
1966 TRIUMPH TR6SR 納車整備記録
1960 TRIUMPH TR6 納車整備記録
1965 TRIUMPH T90SC Project
TRIUMPH TROPHY SPECIAL 冬の試運転
同じカテゴリー(作業報告 トライアンフ編)の記事
 1966 TRIUMPH 6TA Thunderbird 納車記録 東京都M様 (2017-09-05 23:22)
 1965 TRIUMPH TR6SR 修理記録 三重県津市 K様 (2016-06-22 17:26)
 1966 TRIUMPH TR6SR 納車整備記録 (2015-10-16 21:43)
 1960 TRIUMPH TR6 納車整備記録 (2015-07-06 14:30)
 1965 TRIUMPH T90SC Project (2015-02-18 15:49)
 TRIUMPH TROPHY SPECIAL 冬の試運転 (2013-12-27 13:12)

この記事へのコメント
いつも興味深く拝見しています。

ケースのメネジの損傷や曲がったヘリサートの後処理など、
本当のプロの作業を垣間見る思いです。
こういう作業を本当に丁寧にできる場所は、少ないと思います。

私はべベルを4年ほど乗っていますが、英車は布引クラシックスさんが
あるので良いなぁと考えてしまいます…
でも拘り方とか考え方は、いろいろ参考にさせていただいています。
Posted by 鈴木 at 2017年04月16日 14:35
鈴木さん、御覧頂きありがとうございます。べベルを所有との事ですか。私も以前所有していましたがデザインは素晴らしいモノがありますね。良いモーターサイクルです。気難しいところもまたオールドドゥカティの魅力でしょうか...是非大切になさってください。布引クラシックス松枝
Posted by nunobiki_classicsnunobiki_classics at 2017年04月16日 22:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。